LaravelConf Taiwan 2020 CFP Started

IntlDateFormatter::localtime

datefmt_localtime

(PHP 5 >= 5.3.0, PHP 7, PECL intl >= 1.0.0)

IntlDateFormatter::localtime -- datefmt_localtime文字列をパースして、フィールドベースの時刻値にする

説明

オブジェクト指向型

public IntlDateFormatter::localtime ( string $value [, int &$position ] ) : array

手続き型

datefmt_localtime ( IntlDateFormatter $fmt , string $value [, int &$position ] ) : array

文字列 $value を変換し、フィールドベースの時刻値 (各フィールドを含む配列) にします。$parse_pos からパースを開始し、入力値を可能な限り使用します。

パラメータ

fmt

Formatter リソース。

value

時間に変換する文字列。

position

$value のパースを開始する位置 (ゼロから数えます)。 $value を処理する前にエラーが発生していない場合は $parse_pos は -1 となります。それ以外の場合はパースが終了した位置となります (そしてエラーが発生します)。 この変数には、パースが失敗した場合にその終了位置が含まれます。 $parse_pos > strlen($value) の場合、パースは即時に失敗します。

返り値

Localtime 互換の、整数値の配列を返します。 tm_hour フィールド内の、24 時間制の時刻の値を含みます。

例1 datefmt_localtime() の例

<?php

$fmt 
datefmt_create(
    
'en_US',
    
IntlDateFormatter::FULL,
    
IntlDateFormatter::FULL,
    
'America/Los_Angeles',
    
IntlDateFormatter::GREGORIAN
);
$arr datefmt_localtime($fmt'Wednesday, December 31, 1969 4:00:00 PM PT'0);
echo 
'First parsed output is ';
if (
$arr) {
    foreach (
$arr as $key => $value) {
        echo 
"$key : $value , ";
    }
}

?>

例2 オブジェクト指向の例

<?php
$fmt 
= new IntlDateFormatter(
    
'en_US',
    
IntlDateFormatter::FULL,
    
IntlDateFormatter::FULL,
    
'America/Los_Angeles',
    
IntlDateFormatter::GREGORIAN
);
$arr $fmt->localtime('Wednesday, December 31, 1969 4:00:00 PM PT'0);
echo 
'First parsed output is ';
if (
$arr) {
    foreach (
$arr as $key => $value) {
        echo 
"$key : $value , ";
    }
}

?>

上の例の出力は以下となります。

First parsed output is tm_sec : 0 , tm_min : 0 , tm_hour : 16 , tm_year : 1969 , 
tm_mday : 31 , tm_wday : 4 , tm_yday : 365 , tm_mon : 11 , tm_isdst : 0 , 

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top