PHP 8.0.6 Released!

IntlDateFormatter クラス

(PHP 5 >= 5.3.0, PHP 7, PHP 8, PECL intl >= 1.0.0)

はじめに

Date Formatter は、パターン文字列や出来合いのパターンを使用して ロケールに依存する日付のフォーマット/パースを行う具象クラスです。

このクラスは ICU の日付フォーマット機能を表します。 これを使用すると、パターン文字列や出来合いのパターンを使用して 日付を各地域のフォーマットで表示したり、 文字列をパースして PHP の日付として扱ったりすることができます。

クラス概要

IntlDateFormatter {
/* メソッド */
public __construct ( string|null $locale , int $dateType , int $timeType , IntlTimeZone|DateTimeZone|string|null $timezone = null , IntlCalendar|int|null $calendar = null , string $pattern = "" )
public static create ( string|null $locale , int $dateType , int $timeType , IntlTimeZone|DateTimeZone|string|null $timezone = null , IntlCalendar|int|null $calendar = null , string $pattern = "" ) : IntlDateFormatter|null
public format ( IntlCalendar|DateTimeInterface|array|string|int|float $datetime ) : string|false
public static formatObject ( IntlCalendar|DateTime $datetime , array|int|string|null $format = null , string|null $locale = null ) : string|false
public getCalendar ( ) : int|false
public getDateType ( ) : int|false
public getErrorCode ( ) : int
public getErrorMessage ( ) : string
public getLocale ( int $type = ULOC_ACTUAL_LOCALE ) : string|false
public getPattern ( ) : string|false
public getTimeType ( ) : int|false
public getTimeZoneId ( ) : string|false
public getCalendarObject ( ) : IntlCalendar|false|null
public getTimeZone ( ) : IntlTimeZone|false
public isLenient ( ) : bool
public localtime ( string $string , int &$offset = null ) : array|false
public parse ( string $string , int &$offset = null ) : int|float|false
public setCalendar ( IntlCalendar|int|null $calendar ) : bool
public setLenient ( bool $lenient ) : void
public setPattern ( string $pattern ) : bool
public setTimeZone ( IntlTimeZone|DateTimeZone|string|null $timezone ) : bool|null
}

定義済み定数

これらの定数は、DateType や TimeType のコンストラクタでさまざまなフォーマットを指定するために使用します。

IntlDateFormatter::NONE (int)
この要素を含まない
IntlDateFormatter::FULL (int)
完全に指定した形式 (Tuesday, April 12, 1952 AD あるいは 3:30:42pm PST)
IntlDateFormatter::LONG (int)
長い形式 (January 12, 1952 あるいは 3:30:32pm)
IntlDateFormatter::MEDIUM (int)
中間の形式 (Jan 12, 1952)
IntlDateFormatter::SHORT (int)
不可欠なデータのみを扱う最も省略した形式 (12/13/52 あるいは 3:30pm)
IntlDateFormatter::RELATIVE_FULL (int)
IntlDateFormatter::FULL と同じですが、 昨日、今日、明日についてはそれぞれ、 yesterday, today, tomorrow になります。 PHP 8.0.0 以降で、dateType に限って利用可能です。
IntlDateFormatter::RELATIVE_LONG (int)
IntlDateFormatter::LONG と同じですが、 昨日、今日、明日についてはそれぞれ、 yesterday, today, tomorrow になります。 PHP 8.0.0 以降で、dateType に限って利用可能です。
IntlDateFormatter::RELATIVE_MEDIUM (int)
IntlDateFormatter::MEDIUM と同じですが、 昨日、今日、明日についてはそれぞれ、 yesterday, today, tomorrow になります。 PHP 8.0.0 以降で、dateType に限って利用可能です。
IntlDateFormatter::RELATIVE_SHORT (int)
IntlDateFormatter::SHORT と同じですが、 昨日、今日、明日についてはそれぞれ、 yesterday, today, tomorrow になります。 PHP 8.0.0 以降で、dateType に限って利用可能です。

次の整数定数は、暦の種類を指定するものです。 これらの暦は、すべてグレゴリオ暦にもとづくものです。 グレゴリオ暦以外の暦はロケールで指定しなければなりません。 たとえば、 locale="hi@calendar=BUDDHIST" のようになります。

IntlDateFormatter::TRADITIONAL (int)
非グレゴリオ暦
IntlDateFormatter::GREGORIAN (int)
グレゴリオ暦

目次

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top