Midwest PHP Call For Papers Open

RarArchive::__toString

(PECL rar >= 2.0.0)

RarArchive::__toStringテキスト形式で取得する

説明

public RarArchive::__toString ( void ) : string

この RarArchive オブジェクトの文字列表現を取得します。 現在表示されるのは、オープンしているアーカイブボリュームのフルパスと、 そのリソースが有効なのか RarArchive::close() で閉じられた後なのかということです。

このメソッドはデバッグ用にだけ使うものです。 結果にどのような情報が含まれるか、そしてどういった書式になるかなどは保証されていません。

パラメータ

この関数にはパラメータはありません。

返り値

この RarArchive オブジェクトのテキスト表現を返します。 テキストの中身については未定義です。

例1 RarArchive::__toString() の例

<?php
$rar_arch 
RarArchive::open('latest_winrar.rar');
echo 
$rar_arch."\n";
$rar_arch->close();
echo 
$rar_arch."\n";
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

RAR Archive "D:\php_rar\trunk\tests\latest_winrar.rar"
RAR Archive "D:\php_rar\trunk\tests\latest_winrar.rar" (closed)

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top