PHP 7.4.0RC2 Released!

SplFileObject::fwrite

(PHP 5 >= 5.1.0, PHP 7)

SplFileObject::fwriteファイルに書き込む

説明

public SplFileObject::fwrite ( string $str [, int $length ] ) : int

Writes the contents of string to the file

パラメータ

str

ファイルに書き込まれる文字列。

length

length 引数が渡される場合、length バイト分だけ書き込まれた後もしくは string の終端に達するのどちらか早い方の後で書き込みが停止します。

返り値

書き込まれるバイト数、もしくはエラーの場合 NULL を返します。

例1 SplFileObject::fwrite() の例

<?php
$file 
= new SplFileObject("fwrite.txt""w");
$written $file->fwrite("12345");
echo 
"$written バイトをファイルに書き込みました";
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

Wrote 5 bytes to file

参考

  • fwrite() - バイナリセーフなファイル書き込み処理

add a note add a note

User Contributed Notes 1 note

up
11
bas dot hilbers at tribal-im dot com
5 years ago
Your \SplFileObject will not throw an exception when trying to write to a non-writeable stream!

I forgot to set the second parameter on my \SplFileObject constructor (the mode), costing me minutes to figure out why nothing was writter by the fwrite method...

Just to let you know!
To Top