PHP 7.4.0beta4 released!

tidy::$errorBuffer

tidy_get_error_buffer

(PHP 5, PHP 7, PECL tidy >= 0.5.2)

tidy::$errorBuffer -- tidy_get_error_buffer指定したドキュメントのパースで発生した警告とエラーを返す

説明

オブジェクト指向型 (プロパティ):

手続き型:

tidy_get_error_buffer ( tidy $tidy ) : string

指定したドキュメントのパースで発生した警告とエラーを返します。

パラメータ

tidy

Tidy オブジェクト。

返り値

エラーバッファを文字列で返します。

例1 tidy_get_error_buffer() の例

<?php
$html 
'<p>paragraph</p>';

$tidy tidy_parse_string($html);

echo 
tidy_get_error_buffer($tidy);
/* オブジェクト指向の場合 */
echo $tidy->errorBuffer;
?>

上の例の出力は以下となります。

line 1 column 1 - Warning: missing <!DOCTYPE> declaration
line 1 column 1 - Warning: inserting missing 'title' element

参考

  • tidy_access_count() - 指定したドキュメントについて発生したTidyアクセシビリティ警告の数を返す
  • tidy_error_count() - 指定したドキュメントについて発生した Tidy エラーの数を返す
  • tidy_warning_count() - 指定したドキュメントについて発生した Tidy 警告の数を返す
add a note add a note

User Contributed Notes 1 note

up
5
david dot tulloh at infaze dot com dot au
14 years ago
The following line will convert string error into a two dimensional array containing the components from the error string for each line.  It will match Error, Warning, Info and Access error types.  You can then do something useful with the output.

<?php
preg_match_all
('/^(?:line (\d+) column (\d+) - )?(\S+): (?:\[((?:\d+\.?){4})]:)
?(.*?)$/m'
, $tidy->errorBuffer, $tidy_errors, PREG_SET_ORDER);
?>

And a small tip, always run the error messages through htmlentities when outputting to convert the tags in the error to a viewable form.
To Top