PHP 8.1.0 Beta 1 available for testing

tidy::repairFile

tidy_repair_file

(PHP 5, PHP 7, PHP 8, PECL tidy >= 0.7.0)

tidy::repairFile -- tidy_repair_fileファイルを修正し、それを文字列として返す

説明

オブジェクト指向型

public static tidy::repairFile(
    string $filename,
    array|string|null $config = null,
    ?string $encoding = null,
    bool $useIncludePath = false
): string|false

手続き型

tidy_repair_file(
    string $filename,
    array|string|null $config = null,
    ?string $encoding = null,
    bool $useIncludePath = false
): string|false

与えられたファイルを修正し、それを文字列として返します。

パラメータ

filename

修正するファイル。

config

config には配列あるいは文字列を渡します。 文字列を渡した場合は設定ファイルの名前、 それ以外の場合は設定そのものとして解釈されます。

オプションについての説明は http://tidy.sourceforge.net/docs/quickref.html を参照ください。

encoding

encoding は入出力ドキュメントのエンコーディングを設定します。 指定できるエンコーディング名は asciilatin0latin1rawutf8iso2022macwin1252ibm858utf16utf16leutf16bebig5 および shiftjis です。

useIncludePath

include_path からファイルを探します。

返り値

修正した内容を文字列で返します。

例1 tidy::repairFile() の例

<?php
$file 
'file.html';

$tidy = new tidy();
$repaired $tidy->repairfile($file);
rename($file$file '.bak');

file_put_contents($file$repaired);
?>

参考

  • tidy::parseFile() - ファイルまたは URI にあるマークアップをパースする
  • tidy::parseString() - 文字列にストアされたドキュメントをパースする
  • tidy::repairString() - 別途提供される設定ファイルを使用して文字列を修正する
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top