tidy クラス

(PHP 5, PHP 7, PHP 8, PECL tidy >= 0.5.2)

はじめに

HTML ファイル中の HTML ノードで、tidy が検出したものです。

クラス概要

tidy {
/* プロパティ */
public string $errorBuffer;
/* メソッド */
public __construct ( string|null $filename = null , array|string|null $config = null , string|null $encoding = null , bool $useIncludePath = false )
public body ( ) : tidyNode|null
public cleanRepair ( ) : bool
public diagnose ( ) : bool
tidy_get_error_buffer ( tidy $tidy ) : string|false
public getConfig ( ) : array
public getHtmlVer ( ) : int
public getOpt ( string $option ) : string|int|bool
public getOptDoc ( string $option ) : string|false
public getRelease ( ) : string
public getStatus ( ) : int
public head ( ) : tidyNode|null
public html ( ) : tidyNode|null
public isXhtml ( ) : bool
public isXml ( ) : bool
public parseFile ( string $filename , array|string|null $config = null , string|null $encoding = null , bool $useIncludePath = false ) : bool
public parseString ( string $string , array|string|null $config = null , string|null $encoding = null ) : bool
public static repairFile ( string $filename , array|string|null $config = null , string|null $encoding = null , bool $useIncludePath = false ) : string|false
public static repairString ( string $string , array|string|null $config = null , string|null $encoding = null ) : string|false
public root ( ) : tidyNode|null
}

目次

  • tidy::body — Tidy パースツリーの <body> タグから始まる tidyNode オブジェクトを返す
  • tidy::cleanRepair — パースされたマークアップに設定に基く誤りの修正を行う
  • tidy::__construct — 新しい tidy オブジェクトを作成する
  • tidy::diagnose — パース、修正されたマークアップの診断を行う
  • tidy::$errorBuffer — 指定したドキュメントのパースで発生した警告とエラーを返す
  • tidy::getConfig — 現在の Tidy の設定を取得する
  • tidy::getHtmlVer — 指定したドキュメントで検出された HTML バージョンを取得する
  • tidy::getOpt — Tidy ドキュメントについて指定した設定オプションの値を返す
  • tidy::getOptDoc — 与えられたオプション名に対するドキュメントを返す
  • tidy::getRelease — Tidy ライブラリのリリース日 (バージョン) を取得する
  • tidy::getStatus — 指定したドキュメントのステータスを取得する
  • tidy::head — Tidy パースツリーの <head> タグから始まる tidyNode オブジェクトを返す
  • tidy::html — Tidy パースツリーの <html> タグから始まる tidyNode オブジェクトを返す
  • tidy::isXhtml — ドキュメントが XHTML ドキュメントかどうかを示す
  • tidy::isXml — ドキュメントが一般的な XML ドキュメント (非 HTML/XHTML) かどうかを示す
  • tidy::parseFile — ファイルまたは URI にあるマークアップをパースする
  • tidy::parseString — 文字列にストアされたドキュメントをパースする
  • tidy::repairFile — ファイルを修正し、それを文字列として返す
  • tidy::repairString — 別途提供される設定ファイルを使用して文字列を修正する
  • tidy::root — Tidy パースツリーのルートを表す tidyNode を返す
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top