PHP 7.3.14 Released

DateTime::setTime

date_time_set

(PHP 5 >= 5.2.0, PHP 7)

DateTime::setTime -- date_time_set時刻を設定する

説明

オブジェクト指向型

public DateTime::setTime ( int $hour , int $minute [, int $second = 0 [, int $microseconds = 0 ]] ) : DateTime

手続き型

date_time_set ( DateTime $object , int $hour , int $minute [, int $second = 0 [, int $microseconds = 0 ]] ) : DateTime

DateTime オブジェクトの現在時刻を別の時刻にリセットします。

パラメータ

object

手続き型のみ: date_create() が返す DateTime オブジェクト。 この関数は、このオブジェクトを変更します。

hour

その時刻の時。

minute

その時刻の分。

second

その時刻の秒。

microseconds

その時刻のマイクロ秒。

返り値

メソッドチェインに使う DateTime オブジェクトを返します。失敗した場合に FALSE を返します。

変更履歴

バージョン 説明
7.1.0 microseconds パラメータが追加されました。
5.3.0成功した場合の返り値が NULL から DateTime に変更されました。

例1 DateTime::setTime() の例

オブジェクト指向型

<?php
$date 
= new DateTime('2001-01-01');

$date->setTime(1455);
echo 
$date->format('Y-m-d H:i:s') . "\n";

$date->setTime(145524);
echo 
$date->format('Y-m-d H:i:s') . "\n";
?>

手続き型

<?php
$date 
date_create('2001-01-01');

date_time_set($date1455);
echo 
date_format($date'Y-m-d H:i:s') . "\n";

date_time_set($date145524);
echo 
date_format($date'Y-m-d H:i:s') . "\n";
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

2001-01-01 14:55:00
2001-01-01 14:55:24

例2 範囲を超えた値が親の値に加算される例

<?php
$date 
= new DateTime('2001-01-01');

$date->setTime(145524);
echo 
$date->format('Y-m-d H:i:s') . "\n";

$date->setTime(145565);
echo 
$date->format('Y-m-d H:i:s') . "\n";

$date->setTime(146524);
echo 
$date->format('Y-m-d H:i:s') . "\n";

$date->setTime(255524);
echo 
$date->format('Y-m-d H:i:s') . "\n";
?>

上の例の出力は以下となります。

2001-01-01 14:55:24
2001-01-01 14:56:05
2001-01-01 15:05:24
2001-01-02 01:55:24

参考

add a note add a note

User Contributed Notes 1 note

To Top