SymfonyWorld Online 2022 Winter Edition

DateTimeImmutable::getLastErrors

(PHP 5 >= 5.5.0, PHP 7, PHP 8)

DateTimeImmutable::getLastErrors警告およびエラーを返す

説明

public static DateTimeImmutable::getLastErrors(): array|false

日付/時刻文字列のパース時に見つかった警告やエラーの配列を返します。

パラメータ

この関数にはパラメータはありません。

戻り値

警告やエラーに関する情報を含む配列を返します。 警告やエラーがない場合は false を返します。

例1 DateTimeImmutable::getLastErrors() の例

オブジェクト指向型

<?php
try {
    
$date = new DateTimeImmutable('asdfasdf');
} catch (
Exception $e) {
    
// 使用例を出したかっただけ...
    
print_r(DateTimeImmutable::getLastErrors());

    
// オブジェクト指向流にやるなら、本来は以下のように書くべき
    // echo $e->getMessage();
}
?>

上の例の出力は以下となります。

Array
(
   [warning_count] => 1
   [warnings] => Array
       (
           [6] => Double timezone specification
       )

   [error_count] => 1
   [errors] => Array
       (
           [0] => The timezone could not be found in the database
       )

)

この出力のインデックス 6 と 0 は、エラーが発生した文字列内での文字の位置を表します。

add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top