DateTimeImmutable::__construct

date_create_immutable

(PHP 5 >= 5.5.0, PHP 7, PHP 8)

DateTimeImmutable::__construct -- date_create_immutable新しい DateTimeImmutable オブジェクトを返す

説明

オブジェクト指向型

public DateTimeImmutable::__construct(string $datetime = "now", ?DateTimeZone $timezone = null)

手続き型

date_create_immutable(string $datetime = "now", ?DateTimeZone $timezone = null): DateTimeImmutable|false

新しい DateTimeImmutable オブジェクトを返します。

パラメータ

datetime

日付/時刻 文字列。有効な書式については 日付と時刻の書式 で説明しています。

ここに "now" を指定して $timezone パラメータを使うと、現在時刻を取得できます。

timezone

$datetime のタイムゾーンを表す DateTimeZone オブジェクト。

$timezone を省略した場合、 または null の場合、 現在のタイムゾーンを使います。

注意:

$datetime パラメータが UNIX タイムスタンプ (@946684800 など) であったりタイムゾーン付きで指定した場合 (2010-01-28T15:00:00+02:002010-07-05T06:00:00Z など) は、 $timezone パラメータや現在のタイムゾーンは無視されます。

戻り値

新しい DateTimeImmutable のインスタンスを返します。 手続き型 の場合は、失敗したときに false を返します。

エラー / 例外

エラーがあった場合は Exception を発生させます。

変更履歴

バージョン 説明
7.1.0 マイクロ秒が '00000' ではなく、実際の値で埋められるようになりました。

例1 DateTimeImmutable::__construct() の例

オブジェクト指向型

<?php
try {
    
$date = new DateTimeImmutable('2000-01-01');
} catch (
Exception $e) {
    echo 
$e->getMessage();
    exit(
1);
}

echo 
$date->format('Y-m-d');
?>

手続き型

<?php
$date 
date_create('2000-01-01');
if (!
$date) {
    
$e date_get_last_errors();
    foreach (
$e['errors'] as $error) {
        echo 
"$error\n";
    }
    exit(
1);
}

echo 
date_format($date'Y-m-d');
?>

上の例の出力は以下となります。

2000-01-01

例2 DateTimeImmutable::__construct() の複雑な例

<?php
// そのコンピュータのタイムゾーンでの日時の指定
$date = new DateTimeImmutable('2000-01-01');
echo 
$date->format('Y-m-d H:i:sP') . "\n";

// 指定したタイムゾーンでの日時の指定
$date = new DateTimeImmutable('2000-01-01', new DateTimeZone('Pacific/Nauru'));
echo 
$date->format('Y-m-d H:i:sP') . "\n";

// そのコンピュータのタイムゾーンでの現在日時
$date = new DateTimeImmutable();
echo 
$date->format('Y-m-d H:i:sP') . "\n";

// 指定したタイムゾーンでの現在日時
$date = new DateTimeImmutable('now', new DateTimeZone('Pacific/Nauru'));
echo 
$date->format('Y-m-d H:i:sP') . "\n";

// UNIX タイムスタンプの使用例。結果のタイムゾーンは UTC となることに注意しましょう。
$date = new DateTimeImmutable('@946684800');
echo 
$date->format('Y-m-d H:i:sP') . "\n";

// 存在しない値は繰り上がります
$date = new DateTimeImmutable('2000-02-30');
echo 
$date->format('Y-m-d H:i:sP') . "\n";
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

2000-01-01 00:00:00-05:00
2000-01-01 00:00:00+12:00
2010-04-24 10:24:16-04:00
2010-04-25 02:24:16+12:00
2000-01-01 00:00:00+00:00
2000-03-01 00:00:00-05:00

例3 関連付けられたタイムゾーンを変更する

<?php
$timeZone 
= new \DateTimeZone('Asia/Tokyo');
$time = new \DateTimeImmutable();
$time $time->setTimezone($timeZone);
echo 
$time->format('Y/m/d H:i:s'), "\n";
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

2022/08/12 23:49:23

例4 相対日付/時刻 の文字列を使う

<?php
$time 
= new \DateTimeImmutable("-1 year");
echo 
$time->format('Y/m/d H:i:s'), "\n";
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

2021/08/12 15:43:51
add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top