PHP Velho Oeste 2024

db2_client_info

(PECL ibm_db2 >= 1.1.1)

db2_client_info DB2 データベースクライアントの情報をプロパティに保持するオブジェクトを返す

説明

db2_client_info(resource $connection): stdClass|false

この関数は、DB2 データベースクライアントについての情報を 読み取り専用のプロパティに保持するオブジェクトを返します。 以下の表は、DB2 クライアントプロパティの一覧です。

DB2 クライアントプロパティ
プロパティ名 戻り値の型 説明
APPL_CODEPAGE int アプリケーションのコードページ。
CONN_CODEPAGE int 現在の接続のコードページ。
DATA_SOURCE_NAME string 現在のデータベース接続に使用されているデータソース名 (DSN)。
DRIVER_NAME string DB2 コールレベルインターフェイス (CLI) の仕様を実装した ライブラリの名前。
DRIVER_ODBC_VER string DB2 クライアントがサポートしている ODBC のバージョン。 "MM.mm" という形式の文字列で、MM がメジャーバージョン、mm がマイナーバージョンを表します。DB2 クライアントは、 常に "03.51" を返します。
DRIVER_VER string クライアントのバージョン。"MM.mm.uuuu" という形式の文字列で、 MM がメジャーバージョン、 mm がマイナーバージョン、 そして uuuu がアップデートを表します。 例えば "08.02.0001" は メジャーバージョン 8、マイナーバージョン 2、アップデート 1 を表します。
ODBC_SQL_CONFORMANCE string クライアントがサポートする ODBC SQL 構文レベル。
MINIMUM

最小限の ODBC SQL 構文をサポートします。

CORE

コア ODBC SQL をサポートします。

EXTENDED

拡張 ODBC SQL 構文をサポートします。

ODBC_VER string ODBC ドライバマネージャがサポートする ODBC のバージョン。 "MM.mm.rrrr" という形式の文字列で、 MM がメジャーバージョン、 mm がマイナーバージョン、 そして rrrr がリリースを表します。 DB2 クライアントは、常に "03.01.0000" を返します。

パラメータ

connection

アクティブな DB2 クライアント接続を指定します。

戻り値

成功した場合にオブジェクトを返します。 失敗した場合に false を返します

例1 db2_client_info() の例

クライアントの情報を取得するには、有効なデータベース接続リソースを db2_client_info() に渡す必要があります。

<?php
$conn
= db2_connect( 'SAMPLE', 'db2inst1', 'ibmdb2' );
$client = db2_client_info( $conn );

if (
$client) {
echo
"DRIVER_NAME: "; var_dump( $client->DRIVER_NAME );
echo
"DRIVER_VER: "; var_dump( $client->DRIVER_VER );
echo
"DATA_SOURCE_NAME: "; var_dump( $client->DATA_SOURCE_NAME );
echo
"DRIVER_ODBC_VER: "; var_dump( $client->DRIVER_ODBC_VER );
echo
"ODBC_VER: "; var_dump( $client->ODBC_VER );
echo
"ODBC_SQL_CONFORMANCE: "; var_dump( $client->ODBC_SQL_CONFORMANCE );
echo
"APPL_CODEPAGE: "; var_dump( $client->APPL_CODEPAGE );
echo
"CONN_CODEPAGE: "; var_dump( $client->CONN_CODEPAGE );
}
else {
echo
"クライアント情報の取得エラー。
おそらくデータベース接続が無効です。"
;
}
db2_close($conn);

?>

上の例の出力は以下となります。

DRIVER_NAME: string(8) "libdb2.a"
DRIVER_VER: string(10) "08.02.0001"
DATA_SOURCE_NAME: string(6) "SAMPLE"
DRIVER_ODBC_VER: string(5) "03.51"
ODBC_VER: string(10) "03.01.0000"
ODBC_SQL_CONFORMANCE: string(8) "EXTENDED"
APPL_CODEPAGE: int(819)
CONN_CODEPAGE: int(819)

参考

  • db2_server_info() - DB2 データベースサーバーの情報をプロパティに保持するオブジェクトを返す

add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top