PHP 8.1.28 Released!

db2_autocommit

(PECL ibm_db2 >= 1.0.0)

db2_autocommit データベース接続の AUTOCOMMIT の状態を取得または設定する

説明

db2_autocommit(resource $connection, int $value = ?): int|bool

指定した接続リソースについての AUTOCOMMIT の状態を設定あるいは取得します。

パラメータ

connection

db2_connect() あるいは db2_pconnect() が返した有効なデータベース接続リソース。

value

以下の定数のいずれか。

DB2_AUTOCOMMIT_OFF

AUTOCOMMIT を無効にします。

DB2_AUTOCOMMIT_ON

AUTOCOMMIT を有効にします。

戻り値

db2_autocommit()connection パラメータのみを渡した場合、 指定した接続の AUTOCOMMIT の状態を整数値で返します。 DB2_AUTOCOMMIT_OFF の場合は無効、 DB2_AUTOCOMMIT_ON の場合は有効です。

db2_autocommit()connection および autocommit の両方のパラメータを渡した場合、 指定した接続の AUTOCOMMIT を対応する状態に設定します。 成功した場合に true を、失敗した場合に false を返します。

例1 接続の AUTOCOMMIT 値の取得

以下の例では、AUTOCOMMIT を無効にした接続について db2_autocommit() 関数で調べます。

<?php
$options
= array('autocommit' => DB2_AUTOCOMMIT_OFF);
$conn = db2_connect($database, $user, $password, $options);
$ac = db2_autocommit($conn);
if (
$ac == DB2_AUTOCOMMIT_OFF) {
print
"$ac -- AUTOCOMMIT は無効です。";
} else {
print
"$ac -- AUTOCOMMIT が有効です。";
}
?>

上の例の出力は以下となります。

0 -- AUTOCOMMIT は無効です。

例2 接続の AUTOCOMMIT 値の設定

以下の例では、AUTOCOMMIT を無効にして作成した接続の AUTOCOMMIT を変更し、有効にします。

<?php
$options
= array('autocommit' => DB2_AUTOCOMMIT_OFF);
$conn = db2_connect($database, $user, $password, $options);

// AUTOCOMMIT を有効にします
$rc = db2_autocommit($conn, DB2_AUTOCOMMIT_ON);
if (
$rc) {
print
"AUTOCOMMIT を有効にしました。\n";
}

// AUTOCOMMIT の状態を調べます
$ac = db2_autocommit($conn);
if (
$ac == DB2_AUTOCOMMIT_OFF) {
print
"$ac -- AUTOCOMMIT は無効です。";
} else {
print
"$ac -- AUTOCOMMIT が有効です。";
}
?>

上の例の出力は以下となります。

AUTOCOMMIT を有効にしました。
1 -- AUTOCOMMIT が有効です。

参考

add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top