LaravelConf Taiwan 2020 CFP Started

db2_last_insert_id

(PECL ibm_db2 >= 1.7.1)

db2_last_insert_idこの接続上で最後に成功した insert クエリが自動生成した ID を返す

説明

db2_last_insert_id ( resource $resource ) : string

この接続上で最後に成功した insert クエリが自動生成した ID を返します。

この関数の結果は、以下のいずれにも影響を受けません。

  • VALUE 句を使用した単一行の INSERT 文で、ID カラムを指定していないもの

  • VALUE 句を使用した複数行の INSERT 文

  • 全選択からの INSERT 文

  • ROLLBACK TO SAVEPOINT 文

パラメータ

resource

db2_connect() あるいは db2_pconnect() が返す接続リソース。 このパラメータにはステートメントリソースや結果セットリソースを指定することはできません。

返り値

この接続上で最後に成功した insert クエリが自動生成した ID を返します。

例1 db2_last_insert_id() の例

次の例は、この接続上で最後に成功した insert クエリが自動生成した ID を返す方法を示します。

<?php

$database 
"SAMPLE";
$user "db2inst1";
$password "ibmdb2";

$conn db2_connect($database$user$password);
if(
$conn) {
    
$createTable "CREATE TABLE lastInsertID 
      (id integer GENERATED BY DEFAULT AS IDENTITY, name varchar(20))"
;
    
$insertTable "INSERT INTO lastInsertID (name) VALUES ('Temp Name')";

    
$stmt = @db2_exec($conn$createTable);

    
/* Checking for single row inserted. */
    
$stmt db2_exec($conn$insertTable);
    
$ret =  db2_last_insert_id($conn);
    if(
$ret) {
        echo 
"Last Insert ID is : " $ret "\n";
    } else {
        echo 
"No Last insert ID.\n";
    }
    
    
db2_close($conn);
}
else {
    echo 
"Connection failed.";
}
?>

上の例の出力は以下となります。

Last Insert ID is : 1

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top