PHPCon Poland 2024

ps_set_text_pos

(PECL ps >= 1.1.0)

ps_set_text_posテキストの出力位置を設定する

説明

ps_set_text_pos(resource $psdoc, float $x, float $y): bool

テキストを出力する位置を設定します。別の方法として、x と y の値を別々に ps_set_value() で設定することもできます。 この場合の設定項目は、それぞれ textxtexty となります。

テキストを所定の位置に出力したいのなら、テキストの位置を指定してから ps_show() をコールするよりも、 ps_show_xy() を使用するほうが便利です。

パラメータ

psdoc

ps_new() が返す、postscript ファイルのリソース ID。

x

新しいテキスト位置の x 座標。

y

新しいテキスト位置の y 座標。

戻り値

成功した場合に true を、失敗した場合に false を返します。

例1 指定した位置にテキストを配置する

<?php
$ps
= ps_new();
if (!
ps_open_file($ps, "text.ps")) {
print
"PostScript ファイルをオープンできません\n";
exit;
}

ps_set_info($ps, "Creator", "rectangle.php");
ps_set_info($ps, "Author", "Uwe Steinmann");
ps_set_info($ps, "Title", "Text placement example");

ps_begin_page($ps, 596, 842);
$psfont = ps_findfont($ps, "Helvetica", "", 0);
ps_setfont($ps, $psfont, 8.0);
ps_show_xy($ps, "Some text at (100, 100)", 100, 100);

ps_set_value($ps, "textx", 100);
ps_set_value($ps, "texty", 120);
ps_show($ps, "Some text at (100, 120)");
ps_end_page($ps);

ps_delete($ps);
?>

参考

add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top