svn_blame

(PECL svn >= 0.3.0)

svn_blameファイルの SVN blame を取得する

説明

svn_blame ( string $repository_url [, int $revision_no = SVN_REVISION_HEAD ] ) : array

リポジトリの URL を指定して、ファイルの SVN blame を取得します。

パラメータ

repository_url

リポジトリの URL。

revision_no

リビジョン番号。

返り値

SVN blame 情報を配列で返します。行ごとに区切られ、 リビジョン番号と行番号、コードの行、作者、日付が含まれます。

例1 svn_blame() の例

<?php
$svnurl 
'http://svn.example.org/svnroot/foo/trunk/index.php';

print_rsvn_blame($svnurl) );

?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

Array
(
    [0] = Array
          (
           [rev] = 1
           [line_no] = 1
           [line] = Hello World
           [author] = joesmith
           [date] = 2007-07-02T05:51:26.628396Z
          )
    [1] = Array
          ...

参考

  • svn_diff() - ふたつのパスの差分を再帰的に取得する
  • svn_logs()
  • svn_status() - Returns the status of working copy files and directories

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top