PHP 8.0.11 Released!

PDO::query

(PHP 5 >= 5.1.0, PHP 7, PHP 8, PECL pdo >= 0.2.0)

PDO::query プレースホルダを指定せずに、SQL ステートメントを準備して実行する

説明

public PDO::query(string $query, ?int $fetchMode = null): PDOStatement|false
public PDO::query(string $query, ?int $fetchMode = PDO::FETCH_COLUMN, int $colno): PDOStatement|false
public PDO::query(
    string $query,
    ?int $fetchMode = PDO::FETCH_CLASS,
    string $classname,
    array $constructorArgs
): PDOStatement|false
public PDO::query(string $query, ?int $fetchMode = PDO::FETCH_INTO, object $object): PDOStatement|false

PDO::query() は、一回の関数コールの中で SQL ステートメントを準備して実行し、 結果を PDOStatement オブジェクトとして返します。

複数回発行する必要があるステートメントの場合、 PDO::prepare()PDOStatement ステートメントを準備し、 PDOStatement::execute() でそのステートメントを 複数回発行する方がより良いパフォーマンスを得られると実感するでしょう。

PDO::query() を次にコールする前に 結果セット内の全てのデータを取得しない場合、そのコールは失敗します。 PDOStatement::closeCursor() をコールし、 次に PDO::query() をコールする前に PDOStatement オブジェクトに関連付けられたリソースを解放してください。

注意:

query にプレースホルダーが含まれている場合、 準備と実行は別々に行う必要があります。 つまり、PDO::prepare() を使って準備し、 PDOStatement::execute() を実行しなければいけません。

パラメータ

query

準備、発行する SQL ステートメント。

SQL にプレースホルダーが含まれている場合、 PDO::prepare()PDOStatement::execute() を代わりに使う必要があります。 それとは別のやり方として、 PDO::query() を呼び出す前に、 PDO::quote() を使って適切にフォーマットしたデータを使って SQL文を手動で準備することができます。 但し、PDO::quote() は、ドライバがサポートしている場合に限り使えます。

fetchMode

返される PDOStatement のためのデフォルトのフェッチモード。 定数 PDO::FETCH_* のうちのひとつを設定しなければいけません。

この引数を渡すと、残りの引数は、 結果のステートメントオブジェクトに対して、 PDOStatement::setFetchMode() を呼び出したのと同じような扱いになります。 残りの引数は、選択するフェッチモードに応じて変化します。

返り値

PDOStatement オブジェクトを返します。 失敗した場合に false を返します

例1 プレースホルダーがないSQLを、PDO::query() で実行できます

<?php
$sql 
'SELECT name, color, calories FROM fruit ORDER BY name';
foreach (
$conn->query($sql) as $row) {
    print 
$row['name'] . "\t";
    print 
$row['color'] . "\t";
    print 
$row['calories'] . "\n";
}
?>

上の例の出力は以下となります。

apple   red     150
banana  yellow  250
kiwi    brown   75
lemon   yellow  25
orange  orange  300
pear    green   150
watermelon      pink    90

参考

  • PDO::exec() - SQL ステートメントを実行し、作用した行数を返す
  • PDO::prepare() - 文を実行する準備を行い、文オブジェクトを返す
  • PDOStatement::execute() - プリペアドステートメントを実行する

add a note add a note

User Contributed Notes 6 notes

up
42
fredrik at NOSPAM dot rambris dot com
14 years ago
The handling of errors by this function is controlled by the attribute PDO::ATTR_ERRMODE.

Use the following to make it throw an exception:
<?php
$dbh
->setAttribute(PDO::ATTR_ERRMODE, PDO::ERRMODE_EXCEPTION);
?>
up
1
Ilyas Bakirov
5 months ago
I would like to mention fetching rows from SQL query using PDO:

<?php

$dbh
= new PDO('mysql:host=localhost;dbname=test', $user, $pass);

// use the connection here
$sth = $dbh->query('SELECT * FROM countries');

// fetch all rows into array, by default PDO::FETCH_BOTH is used
$rows = $stm->fetchAll();

// iterate over array by index and by name
foreach($rows as $row) {

   
printf("$row[0] $row[1] $row[2]\n");
   
printf("$row['id'] $row['name'] $row['population']\n");

}
?>
up
6
dozoyousan at gmail dot com
15 years ago
> When query() fails, the boolean false is returned.

I think that is "Silent Mode".
If that set attribute ErrorMode "Exception Mode"
then that throw PDOException.
$pdoObj = new PDO( $dsn, $user, $pass );
$pdoObj->setAttribute("PDO::ATTR_ERRMODE", PDO::ERRMODE_EXCEPTION);
up
5
marcos at marcosregis dot com
12 years ago
After a lot of hours working with DataLink on Oracle->MySQL and PDO we (me and Adriano Rodrigues, that solve it) discover that PDO (and oci too) need the attribute AUTOCOMMIT set to FALSE to work correctly with.
There's  3 ways to set autocommit to false: On constructor, setting the atribute after construct and before query data or initiating a Transaction (that turns off autocommit mode)

The examples:
<?php
// First way - On PDO Constructor
$options = array(PDO::ATTR_AUTOCOMMIT=>FALSE);

$pdo = new PDO($dsn,$user,$pass,$options);

// now we are ready to query DataLinks

?>

<?php
// Second Way - Before create statements
$pdo = new PDO($dsn,$user,$pass);

$pdo->setAttribute(PDO::ATTR_AUTOCOMMIT,FALSE);
// or
$pdo->beginTransaction();

// now we are ready to query DataLinks
?>

To use DataLinks on oci just use OCI_DEFAULT on oci_execute() function;
up
2
stefano[dot]bertoli [at] gmail[dot]com
7 years ago
Trying to pass like second argument PDO::FETCH_ASSOC it still work.

So passing FETCH TYPE like argument seems work.

This save you from something like:

<?php
$result
= $stmt->setFetchMode(PDO::FETCH_NUM);
?>

Example:
<?php
$res
= $db->query('SELECT * FROM `mytable` WHERE true', PDO::FETCH_ASSOC);

?>
up
-21
Anonymous
2 years ago
The Documentation doesn’t mention this, but you can use a fetch style as a second parameter. For example:

<?php
    $data
=$pdo->query($sql,PDO::FETCH_NUM);
    foreach(
$data as $row) {
       
//    etc
   
}
?>
To Top