PHP 7.2.25 Released

streamWrapper::stream_open

(PHP 4 >= 4.3.2, PHP 5, PHP 7)

streamWrapper::stream_openファイルあるいは URL をオープンする

説明

public streamWrapper::stream_open ( string $path , string $mode , int $options , string &$opened_path ) : bool

このメソッドは、ラッパーが初期化された (たとえば fopen()file_get_contents()) 直後にコールされます。

パラメータ

path

元の関数に渡す URL を指定します。

注意:

parse_url() でこの URL が壊れることがあります。 :// で区切った URL のみをサポートしていることに注意しましょう。 : や :/ も技術的な面では妥当な URL ですが、サポートしていません。

mode

ファイルをオープンする際のモード。詳細は fopen() を参照ください。

注意:

指定した path に対して mode が有効かどうかの確認を忘れないようにしましょう。

options

ストリーム API が設定する追加のフラグ。次の値を OR で連結して指定します。

フラグ 説明
STREAM_USE_PATH path が相対パスの場合は、 include_path を用いてリソースを探します。
STREAM_REPORT_ERRORS このフラグが設定されている場合、 ストリームのオープン時のエラーを trigger_error() で報告しなければなりません。フラグが設定されていない場合は、 エラーを一切報告してはいけません。

opened_path

path のオープンに成功し、 STREAM_USE_PATHoptions に設定されていた場合、 opened_path には実際にオープンしたファイル/リソース のフルパスを設定しなければなりません。

返り値

成功した場合に TRUE を、失敗した場合に FALSE を返します。

エラー / 例外

このメソッドのコールに (未実装などの理由で) 失敗した場合、 E_WARNING を発行します。

注意

注意:

有効なコンテキストがコール元関数に渡された場合に streamWrapper::$context プロパティが更新されます。

参考

  • fopen() - ファイルまたは URL をオープンする
  • parse_url() - URL を解釈し、その構成要素を返す

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top