odbc_columnprivileges

(PHP 4, PHP 5, PHP 7)

odbc_columnprivileges指定したテーブルに関するカラムおよび付随する権限のリストを取得する

説明

odbc_columnprivileges ( resource $connection_id , string $catalog , string $schema , string $table_name , string $column_name ) : resource

指定したテーブルに関するカラムおよび付随する権限のリストを取得します。

パラメータ

connection_id

ODBC 接続 ID。詳細は odbc_connect() を参照ください。

catalog

カタログ(ODBC 2 の用語では '修飾子')。

schema

スキーマ (ODBC 2 の用語では '所有者')。 このパラメータには以下の検索パターンを使用できます。 % はゼロ個以上の文字にマッチし、 _ はひとつの文字にマッチします。

table_name

テーブル名。 このパラメータには以下の検索パターンを使用できます。 % はゼロ個以上の文字にマッチし、 _ はひとつの文字にマッチします。

column_name

カラム名。 このパラメータには以下の検索パターンを使用できます。 % はゼロ個以上の文字にマッチし、 _ はひとつの文字にマッチします。

返り値

ODBC 結果 ID を返します。失敗した場合に FALSE を返します。 この結果 ID を使用して、カラムや関連する権限の一覧を取得します。

結果は以下のカラムを有します。

  • TABLE_CAT
  • TABLE_SCHEM
  • TABLE_NAME
  • COLUMN_NAME
  • GRANTOR
  • GRANTEE
  • PRIVILEGE
  • IS_GRANTABLE
ドライバは追加のカラムを返すことが出来ます。

結果セットは TABLE_CAT, TABLE_SCHEM, TABLE_NAME, COLUMN_NAME, PRIVILEGE でソートされます。

例1 カラムの権限の一覧を表示する

<?php
$conn 
odbc_connect($dsn$user$pass);
$privileges odbc_columnprivileges($conn'TutorialDB''dbo''test''id');
while ((
$row odbc_fetch_array($privileges))) {
    
print_r($row);
    break; 
// further rows omitted for brevity
}
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

Array
(
    [TABLE_CAT] => TutorialDB
    [TABLE_SCHEM] => dbo
    [TABLE_NAME] => test
    [COLUMN_NAME] => id
    [GRANTOR] => dbo
    [GRANTEE] => dbo
    [PRIVILEGE] => INSERT
    [IS_GRANTABLE] => YES
)
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top