PHP 8.1.0 Alpha 1 available for testing

stream_filter_prepend

(PHP 4 >= 4.3.0, PHP 5, PHP 7, PHP 8)

stream_filter_prependフィルタをストリームに付加する

説明

stream_filter_prepend(
    resource $stream,
    string $filtername,
    int $read_write = ?,
    mixed $params = ?
): resource

filtername で指定されたフィルタを、 stream に付加されているフィルタのリストに加えます。

パラメータ

stream

対象となるストリーム。

filtername

フィルタ名。

read_write

デフォルトでは、 stream_filter_prepend() は ストリームが読み込み用に開かれている場合は (つまり、オープンモードが r あるいは + を伴う場合は)、 フィルタを リードフィルタチェイン に追加し、 ストリームが書き出し用に開かれている場合は(つまり、オープンモードが waか、あるいは+ を伴う場合は)、 ライトフィルターチェィンにも追加します。 STREAM_FILTER_READSTREAM_FILTER_WRITESTREAM_FILTER_ALLread_writeパラメータに渡すことで、この挙動を変えることができます。 このパラメータを使った例については、 stream_filter_append() を参照ください。

params

このフィルタは、指定された params と共に、 リストの先頭に追加され、ストリームに対する操作の中で最初に呼び出されます。 フィルタをリストの末尾に加えたいときは、stream_filter_append() を使ってください。

返り値

成功した場合にリソース、失敗した場合に false を返します。 このリソースは、stream_filter_remove() をコールする際にこのフィルタインスタンスを参照するために使用可能です。

false が返されるのは、stream がリソースではない場合や filtername が見つからない場合です。

注意

注意: カスタム(ユーザー)フィルタを使うには
カスタムフィルタを filtername に指定するためには、 まず stream_filter_register() 関数でそれを登録しておく 必要があります。

注意: ストリームデータは(ローカルおよびリモートの)リソースからチャンク単位で 読み込まれ、内部バッファに保持されます。新しいフィルタがストリームに 追加されても、内部バッファにあるデータのうち既に他のフィルタの処理が 終わっているものは新しいフィルタでは処理されません。 これは stream_filter_apppend() の挙動とは違います。

注意: フィルタが読み込み用および書き込み用に追加されると、フィルタのインスタンスが 2 つ作成されます。両方のフィルタリソースを取得するには、 STREAM_FILTER_READSTREAM_FILTER_WRITEstream_filter_prepend() を 2 回コールしなければなりません。

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top