LaravelConf Taiwan 2020 CFP Started

ZipArchive::addFromString

(PHP 5 >= 5.2.0, PHP 7, PECL zip >= 1.1.0)

ZipArchive::addFromString内容を指定して、ファイルを ZIP アーカイブに追加する

説明

ZipArchive::addFromString ( string $localname , string $contents [, int $flags = ZipArchive::FL_OVERWRITE ] ) : bool

内容を指定して、ファイルを ZIP アーカイブに追加します。

注意: ポータビリティを考慮して、ZIP ファイル名のディレクトリ区切り文字には常にスラッシュ (/) を使うことを推奨します。

パラメータ

localname

作成するエントリの名前。

contents

エントリを作成するために使用するデータの内容。 バイナリセーフな形式で使用します。

flags

以下のビットマスクの組み合わせ: ZipArchive::FL_OVERWRITE, ZipArchive::FL_ENC_GUESS, ZipArchive::FL_ENC_UTF_8, ZipArchive::FL_ENC_CP437。 これらの定数の振る舞いは、定義済みの定数 で説明しています。

返り値

成功した場合に TRUE を、失敗した場合に FALSE を返します。

変更履歴

バージョン 説明
8.0.0 / 1.18.0 flags が追加されました。

例1 新しいアーカイブへのエントリの追加

<?php
$zip 
= new ZipArchive;
$res $zip->open('test.zip'ZipArchive::CREATE);
if (
$res === TRUE) {
    
$zip->addFromString('test.txt''ここにファイルの内容を書きます');
    
$zip->close();
    echo 
'成功';
} else {
    echo 
'失敗';
}
?>

例2 アーカイブ内のディレクトリへのファイルの追加

<?php
$zip 
= new ZipArchive;
if (
$zip->open('test.zip') === TRUE) {
    
$zip->addFromString('dir/test.txt''ここにファイルの内容を書きます');
    
$zip->close();
    echo 
'成功';
} else {
    echo 
'失敗';
}
?>
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top