imap_setflag_full

(PHP 4, PHP 5, PHP 7)

imap_setflag_fullメッセージにフラグをセットする

説明

imap_setflag_full ( resource $imap_stream , string $sequence , string $flag [, int $options = NIL ] ) : bool

この関数は、指定した sequence のメッセージの フラグに指定した flag を設定し、保存します。

パラメータ

imap_stream

imap_open() が返す IMAP ストリーム。

sequence

メッセージ番号のシーケンス。 X,Y 形式でメッセージを列挙したり、 X:Y 形式で範囲内のすべてのメッセージを指定したりすることができます。

flag

設定可能なフラグは、(» RFC2060 で定義された) \Seen\Answered\Flagged\Deleted および \Draft です。

options

options はビットマスクであり、以下の組み合わせとなります。

  • ST_UID - シーケンス引数はシーケンス番号の代わりに UID を含みます。

返り値

成功した場合に TRUE を、失敗した場合に FALSE を返します。

例1 imap_setflag_full() の例

<?php
$mbox 
imap_open("{imap.example.org:143}""username""password")
     or die(
"接続できません: " imap_last_error());

$status imap_setflag_full($mbox"2,5""\\Seen \\Flagged");

echo 
gettype($status) . "\n";
echo 
$status "\n";

imap_close($mbox);
?>

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top