The 7th Annual China PHP Conference

stats_cdf_poisson

(PECL stats >= 1.0.0)

stats_cdf_poissonポアソン分布のパラメータのいずれかを、その他のパラメータの値から計算する

説明

stats_cdf_poisson ( float $par1 , float $par2 , int $which ) : float

ポアソン分布の累積分布関数、その逆関数、またはパラメータのいずれかを戻します。 戻り値の種類とパラメータ (par1, par2) は which によって決められます。

次の表は、which ごとの戻り値とパラメータを示したものです。 CDF, x, lambda は、この順に、ポアソン分布の累積分布関数、確率変数、母数を表します。

戻り値とパラメータ
which 戻り値 par1 par2
1 CDF x lambda
2 x CDF lambda
3 lambda x CDF

パラメータ

par1

第一引数

par2

第二引数

which

計算される値を決めるフラグ

返り値

which によって決まる、CDF, x, lambda のいずれかの値を戻します。

add a note add a note

User Contributed Notes 1 note

up
0
s at nder dot com
6 years ago
A simple poisson-distribution function, which only works for relatively small numbers (maximum of ~100/100 for most systems):

<?php

function factorial($number)
{
        if (
$number < 2) {
                return
1;
        } else {
                return (
$number * factorial($number-1));
        }
}

function
poisson($chance, $occurrence)
{
       
$e = exp(1);

       
$a = pow($e, (-1 * $chance));
       
$b = pow($chance,$occurrence);
       
$c = factorial($occurrence);

        return
$a * $b / $c;
}

$test = poisson(100,100);
echo
$test . "\n";

?>
To Top