PHP 7.4.0beta4 released!

stats_cdf_t

(PECL stats >= 1.0.0)

stats_cdf_tt 分布のパラメータのいずれかを、その他のパラメータの値から計算する

説明

stats_cdf_t ( float $par1 , float $par2 , int $which ) : float

t 分布の累積分布関数、その逆関数、またはパラメータのいずれかを戻します。 戻り値の種類とパラメータ (par1, par2) は which によって決められます。

次の表は、which ごとの戻り値とパラメータを示したものです。 CDF, x, nu は、この順に、t 分布の累積分布関数、確率変数、自由度を表します。

戻り値とパラメータ
which 戻り値 par1 par2
1 CDF x nu
2 x CDF nu
3 nu x CDF

パラメータ

par1

第一引数

par2

第二引数

which

計算される値を決めるフラグ

返り値

which によって決まる、CDF, x, nu のいずれかの値を戻します。

add a note add a note

User Contributed Notes 2 notes

up
2
Brian
8 years ago
In order to match the output of this function with Excel's TDIST function, you must take 1 - the value.  For example, for a two-tailed T-distribution for x=4 and degrees of freedom=2, the formula would be:

(1 - stats_cdf_t(4, 2, 1)) * 2

For a single tail, do not include the multiply by 2 portion.
up
-3
Anonymous
7 years ago
Input  and return values of stats_cdf_t depends on the $which-parameter:
<?php
function get_t_p($t, $df){
  return
stats_cdf_t($t, $df, 1);
}
function
get_t_t($p, $df){
  return
stats_cdf_t($p, $df, 2);
}
function
get_t_df($p, $t){
  return
stats_cdf_t($p, $t, 3);
}
?>
To Top