CascadiaPHP 2024

ImagickDraw::setStrokeAntialias

(PECL imagick 2, PECL imagick 3)

ImagickDraw::setStrokeAntialias縁取りの枠線をアンチエイリアス処理するかどうかを制御する

説明

public ImagickDraw::setStrokeAntialias(bool $stroke_antialias): bool
警告

この関数は、 現在のところ詳細な情報はありません。引数のリストのみが 記述されています。

縁取りの枠線をアンチエイリアス処理するかどうかを制御します。 縁取りの枠線は、デフォルトでアンチエイリアス処理が行われます。 アンチエイリアスを無効にすると、 縁取りの描画時には縁取り色あるいはキャンバスの色のどちらかが用いられることになります。

パラメータ

stroke_antialias

アンチエイリアス設定。

戻り値

値を返しません。

例1 ImagickDraw::setStrokeAntialias() の例

<?php
function setStrokeAntialias($strokeColor, $fillColor, $backgroundColor) {

$draw = new \ImagickDraw();

$draw->setStrokeColor($strokeColor);
$draw->setFillColor($fillColor);
$draw->setStrokeWidth(1);
$draw->setStrokeAntialias(false);
$draw->line(100, 100, 400, 105);

$draw->line(100, 140, 400, 185);

$draw->setStrokeAntialias(true);
$draw->line(100, 110, 400, 115);
$draw->line(100, 150, 400, 195);

$image = new \Imagick();
$image->newImage(500, 250, $backgroundColor);
$image->setImageFormat("png");

$image->drawImage($draw);

header("Content-Type: image/png");
echo
$image->getImageBlob();
}

?>

add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top