PHP 8.1.2 Released!

IntlCalendar::setTime

(PHP 5 >= 5.5.0, PHP 7, PHP 8, PECL >= 3.0.0a1)

IntlCalendar::setTimeエポックからのカレンダーの時刻をミリ秒単位で設定する

説明

オブジェクト指向型

public IntlCalendar::setTime(float $timestamp): bool

手続き型

intlcal_set_time(IntlCalendar $calendar, float $timestamp): bool

このオブジェクトで表される瞬間を設定します。 瞬間とは、エポック(1 Jan 1970 00:00:00.000 UTC) からの経過時刻をミリ秒単位の整数値で表したもので、 うるう秒を無視したものです。 全てのフィールドの値はそれに従って再計算されます。

パラメータ

calendar

IntlCalendar クラスのインスタンス。

timestamp

エポックからその瞬間までの経過時間のうち、 うるう秒を無視したものをミリ秒で表したもの。

戻り値

成功時に true を返します。 失敗時に false を返します。

例1 IntlCalendar::setTime()

<?php
ini_set
('date.timezone''Europe/Lisbon');
ini_set('intl.default_locale''fr_FR');

$cal = new IntlGregorianCalendar(2013/* May */11200);

echo 
IntlDateFormatter::formatObject($calIntlDateFormatter::FULL), "\n";

/* In Europe/Lisbon, on 2013-10-27 at 0200, the clock goes back one hour and
   the timezone from UTC+01 to UTC+00 */

$cal->setTime(strtotime('2013-10-27 00:30:00 UTC') * 1000.);

echo 
IntlDateFormatter::formatObject($calIntlDateFormatter::FULL), "\n";

$cal->setTime(strtotime('2013-10-27 01:30:00 UTC') * 1000.);

echo 
IntlDateFormatter::formatObject($calIntlDateFormatter::FULL), "\n";

上の例の出力は以下となります。

samedi 1 juin 2013 12:00:00 heure avancée d’Europe de l’Ouest
dimanche 27 octobre 2013 01:30:00 heure avancée d’Europe de l’Ouest
dimanche 27 octobre 2013 01:30:00 heure normale d’Europe de l’Ouest

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top