PHP 8.1.0 RC 4 available for testing

IntlCalendar::getKeywordValuesForLocale

(PHP 5 >= 5.5.0, PHP 7, PHP 8, PECL >= 3.0.0a1)

IntlCalendar::getKeywordValuesForLocaleロケールのキーワードの集合を返す

説明

オブジェクト指向型

public static IntlCalendar::getKeywordValuesForLocale(string $keyword, string $locale, bool $onlyCommon): IntlIterator|false

手続き型

intlcal_get_keyword_values_for_locale(string $keyword, string $locale, bool $onlyCommon): IntlIterator|false

指定されたロケールのキーに基づいて、 異なる振る舞いに繋がるキーに対応する、値の集合を返します。 現状では、キーワード 'calendar' のみがサポートされています。

この関数を使うには、ICU 4.2 以上が必要です。

パラメータ

keyword

関連する値を問い合わせるロケールのキーワード。 現状、 'calendar' だけがサポートされています。

locale

キーワード/値 のペアを追加するロケール。

onlyCommon

指定されたロケールで、共通に使われている値だけを表示するかどうか。

返り値

ロケールのキーワードの文字列を格納したイテレータを返します。 失敗した場合に false を返します

例1 IntlCalendar::getKeyworkValuesForLocale()

<?php
print_r
(
        
iterator_to_array(
                
IntlCalendar::getKeywordValuesForLocale(
                        
'calendar''fa_IR'true)));
print_r(
        
iterator_to_array(
                
IntlCalendar::getKeywordValuesForLocale(
                        
'calendar''fa_IR'false)));

上の例の出力は以下となります。

Array
(
    [0] => persian
    [1] => gregorian
    [2] => islamic
    [3] => islamic-civil
)
Array
(
    [0] => persian
    [1] => gregorian
    [2] => islamic
    [3] => islamic-civil
    [4] => japanese
    [5] => buddhist
    [6] => roc
    [7] => hebrew
    [8] => chinese
    [9] => indian
    [10] => coptic
    [11] => ethiopic
    [12] => ethiopic-amete-alem
)

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top