IntlCalendar::setRepeatedWallTimeOption

(PHP 5 >= 5.5.0, PHP 7, PHP 8, PECL >= 3.0.0a1)

IntlCalendar::setRepeatedWallTimeOption負のタイムゾーンオフセットを適用した際に、繰り返される実時間をどう扱うかを設定する

説明

オブジェクト指向型

public IntlCalendar::setRepeatedWallTimeOption(int $option): bool

手続き型

intlcal_set_repeated_wall_time_option(IntlCalendar $calendar, int $option): bool

夏時間が終わり、時計を元に戻す際に繰り返される、 実時間をどう扱うかの戦略を設定します。 デフォルト値は IntlCalendar::WALLTIME_LAST (夏時間後に、時間を進めた時を採用する) ですが、 IntlCalendar::WALLTIME_FIRST (夏時間が終わった瞬間の時刻を採用する) も指定できます。

この関数を使うには、ICU 4.9 以降が必要です。

パラメータ

calendar

IntlCalendar クラスのインスタンス。

option

IntlCalendar::WALLTIME_FIRST, IntlCalendar::WALLTIME_LAST のいずれかです。

戻り値

常に true を返します。

IntlCalendar::getRepeatedWallTimeOption() の例を参照下さい。

参考

add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top