PHP 8.1.2 Released!

IntlCalendar::setSkippedWallTimeOption

(PHP 5 >= 5.5.0, PHP 7, PHP 8, PECL >= 3.0.0a1)

IntlCalendar::setSkippedWallTimeOption正のタイムゾーンオフセットを適用した際に、スキップされる実時間をどう扱うかを設定する

説明

オブジェクト指向型

public IntlCalendar::setSkippedWallTimeOption(int $option): bool

手続き型

intlcal_set_skipped_wall_time_option(IntlCalendar $calendar, int $option): bool

夏時間が始まった際に時間を進めた場合に、 スキップされる実時間をどう扱うかの戦略を設定します。 デフォルト値は IntlCalendar::WALLTIME_LAST (実時間を一時間進めたものと見なす) です。 別の値として、 IntlCalendar::WALLTIME_FIRST (一時間少ない実時間を採用する) および IntlCalendar::WALLTIME_NEXT_VALID (夏時間が始まった瞬間を採用する) があります。

このオプションは、カレンダーが表現する瞬間 (IntlCalendar::getTime() が返す値) にのみ影響します。 フィールドの値は決して上書きされません。

このオプションを有効にするには、 カレンダーの 緩いモード がONになっている必要があります。 そうでない場合、存在しない時刻を設定しようとしてエラーが発生します。

この関数を使うには、ICU 4.9 以降が必要です。

パラメータ

calendar

IntlCalendar クラスのインスタンス。

option

IntlCalendar::WALLTIME_FIRST, IntlCalendar::WALLTIME_LAST, IntlCalendar::WALLTIME_NEXT_VALID のいずれかを指定します。

戻り値

常に true を返します。

IntlCalendar::getSkippedWallTimeOption() の例を参照下さい。

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top