openssl_csr_export

(PHP 4 >= 4.2.0, PHP 5, PHP 7)

openssl_csr_exportCSR を文字列としてエクスポートする

説明

openssl_csr_export ( mixed $csr , string &$out [, bool $notext = TRUE ] ) : bool

openssl_csr_export() は、Certificate Signing Request csr を受け取り、 それを out に PEMフォーマット として保存します。 このパラメータは参照で渡されます。

パラメータ

csr

使用できる値の一覧は CSR パラメータ を参照ください。

out

成功した場合、この文字列には PEMエンコードされた CSR が入っています。

notext

オプションのパラメータ notext を設定すると、出力内容の冗長性が変化します。FALSE を指定すると、 人間が読むための追加情報が出力に含まれるようになります。 notext のデフォルト値は TRUE です。

返り値

成功した場合に TRUE を、失敗した場合に FALSE を返します。

例1 openssl_csr_export() の例

<?php
$subject 
= array(
    
"commonName" => "example.com",
);
$private_key openssl_pkey_new(array(
    
"private_key_bits" => 2048,
    
"private_key_type" => OPENSSL_KEYTYPE_RSA,
));
$configargs = array(
    
'digest_alg' => 'sha256WithRSAEncryption'
);
$csr openssl_csr_new($subject$private_key$configargs);
openssl_csr_export($csr$csr_string);
echo 
$csr_string;
?>

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top