PHP 8.1.0 RC 2 available for testing

openssl_open

(PHP 4 >= 4.0.4, PHP 5, PHP 7, PHP 8)

openssl_openシール(暗号化)されたデータをオープン(復号)する

説明

openssl_open(
    string $data,
    string &$output,
    string $encrypted_key,
    OpenSSLAsymmetricKey|OpenSSLCertificate|array|string $private_key,
    string $cipher_algo,
    ?string $iv = null
): bool

openssl_open() は、キー ID private_key およびエンベロープキー encrypted_key に関連する公開鍵を使用して、 data をオープン(復号)します。 その上で、output を復号化したデータで埋めます。 エンベロープキーは、データがシール(暗号化)された際に生成され、特定の 一つの公開鍵でのみ使用することが可能です。詳細な情報については、 openssl_seal() を参照ください。

パラメータ

data

output

成功した場合、オープンしたデータをここに返します。

encrypted_key

private_key

cipher_algo

暗号化方式

警告

デフォルト値 ('RC4') はセキュアでない値です。 明示的にセキュアな暗号化方式を指定することを強く推奨します。

iv

初期化ベクトル。

返り値

成功した場合に true を、失敗した場合に false を返します。

変更履歴

バージョン 説明
8.0.0 private_key は、 OpenSSLAsymmetricKey または OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL key または OpenSSL X.509 CSR 型のリソースを受け入れていました。
8.0.0 cipher_algo は、 オプションではなくなりました。

例1 openssl_open() の例

<?php
// $sealed および $env_key に暗号化されたデータおよびエンベロープキー
// が含まれていると仮定。共にシール元(暗号化側)から与えられる。

// ファイルから公開鍵を取得し、使用可能とする
$fp fopen("/src/openssl-0.9.6/demos/sign/key.pem""r");
$priv_key fread($fp8192);
fclose($fp);
$pkeyid openssl_get_privatekey($priv_key);

// データを復号化し、$open に保存
if (openssl_open($sealed$open$env_key$pkeyid)) {
    echo 
"here is the opened data: "$open;
} else {
    echo 
"failed to open data";
}

// 公開鍵をメモリから開放
openssl_free_key($pkeyid);
?>

参考

add a note add a note

User Contributed Notes 2 notes

up
2
sdc
10 years ago
PHP compiled without OpenSSL support? Here's how you can call the openssl command-line utility to achieve the same goal:

<?php
// $sealed and $env_key are assumed to contain the sealed data
// and our envelope key, both given to us by the sealer.

// specify private key file and passphrase
$pkey_file='key.pem';
$pkey_pp='netsvc';

// call openssl to decrypt envelope key
$ph=proc_open('openssl rsautl -decrypt -inkey '.
escapeshellarg($pkey_file).' -passin fd:3',array(
 
0 => array('pipe','r'), // stdin < envelope key
 
1 => array('pipe','w'), // stdout > decoded envelope key
 
2 => STDERR,
 
3 => array('pipe','r'), // < passphrase
),$pipes);
// write envelope key
fwrite($pipes[0],$env_key);
fclose($pipes[0]);
// write private key passphrase
fwrite($pipes[3],$pkey_pp);
fclose($pipes[3]);
// read decoded key, convert to hexadecimal
$env_key='';
while(!
feof($pipes[1])){
 
$env_key.=sprintf("%02x",ord(fgetc($pipes[1])));
}
fclose($pipes[1]);
if(
$xc=proc_close($ph)){
  echo
"Exit code: $xc\n";
}

// call openssl to decryp
$ph=proc_open('openssl rc4 -d -iv 0 -K '.$env_key,array(
 
0 => array('pipe','r'), // stdin < sealed data
 
1 => array('pipe','w'), // stdout > opened data
 
2 => STDERR,
),
$pipes);
// write sealed data
fwrite($pipes[0],$sealed);
fclose($pipes[0]);
// read opened data
//$open=stream_get_contents($pipes[1]);
$open='';
while(!
feof($pipes[1])){
 
$open.=fgets($pipes[1]);
}
fclose($pipes[1]);
if(
$xc=proc_close($ph)){
  echo
"Exit code: $xc\n";
}

// display the decrypted data
echo $open;

?>
up
0
Gareth Owen
12 years ago
Example code, assume mycert.pem is a certificate containing both private and public key.

$cert = file_get_contents("mycert.pem");

$public = openssl_get_publickey($cert);
$private = openssl_get_privatekey($cert);

$data = "I'm a lumberjack and I'm okay.";

echo "Data before: {$data}\n";
openssl_seal($data, $cipher, $e, array($public));

echo "Ciphertext: {$cipher}\n";

openssl_open($cipher, $open, $e[0], $private);
echo "Decrypted: {$open}\n";
To Top