openssl_x509_export

(PHP 4 >= 4.2.0, PHP 5, PHP 7, PHP 8)

openssl_x509_export証明書を文字列としてエクスポートする

説明

openssl_x509_export ( OpenSSLCertificate|string $certificate , string &$output , bool $no_text = true ) : bool

openssl_x509_export() は、 PEM エンコード形式の certificate を文字列 output に保存します。

パラメータ

x509

使用できる値の一覧は キー/証明書パラメータ を参照ください。

output

成功した場合に、ここに PEM が格納されます。

no_text

オプションのパラメータ notext を設定すると、出力内容の冗長性が変化します。false を指定すると、 人間が読むための追加情報が出力に含まれるようになります。 notext のデフォルト値は true です。

返り値

成功した場合に true を、失敗した場合に false を返します。

変更履歴

バージョン 説明
8.0.0 certificate は、 OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL X.509 型のリソースを受け入れていました。
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top