LaravelConf Taiwan 2020 CFP Started

openssl_x509_fingerprint

(PHP 5 >= 5.6.0, PHP 7)

openssl_x509_fingerprint与えられた X.509 証明書のフィンガープリントあるいはダイジェストを計算する

説明

openssl_x509_fingerprint ( mixed $x509 [, string $hash_algorithm = "sha1" [, bool $raw_output = FALSE ]] ) : string

openssl_x509_fingerprint()x509 のダイジェストを文字列で返します。

パラメータ

x509

使用できる値の一覧は キー/証明書パラメータ を参照ください。

hash_algorithm

"sha256" といったダイジェストメソッド、またはハッシュアルゴリズム。 有効な値の一覧は、openssl_get_md_methods() で得られます。

raw_output

TRUE が設定された場合、生のバイナリデータを出力します。FALSE では小文字の8進数を出力します。

返り値

raw_outputTRUE に設定されていない場合、小文字の8進数として計算された証明書のフィンガープリントを含む文字列を返します。 raw_outputTRUE に設定されている場合、メッセージダイジェストの生のバイナリ表現が返されます。

失敗したときは FALSE を返します。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top