PHPWales 2020 - June 3rd to June 4th

Phar::isBuffering

(PHP 5 >= 5.3.0, PHP 7, PECL phar >= 1.0.0)

Phar::isBufferingPhar の書き込み操作がバッファリングされるか、あるいは直接ディスクに書き込まれるかを調べる

説明

public Phar::isBuffering ( void ) : bool

このメソッドを使用すると、その Phar が変更を即時にディスクに書き込むのか それとも Phar::stopBuffering() をコールしないと変更が保存されないのかがわかります。

Phar の書き込みバッファリングはアーカイブ単位で処理されます。 Phar アーカイブ foo.phar でバッファリングが有効であったとしても、それは Phar アーカイブ bar.phar の変更には影響しません。

返り値

書込み操作がバッファリングされる場合に TRUE、それ以外の場合に FALSE を返します。

例1 Phar::isBuffering() の例

<?php
$p 
= new Phar(dirname(__FILE__) . '/brandnewphar.phar'0'brandnewphar.phar');
$p2 = new Phar('existingphar.phar');
$p['file1.txt'] = 'hi';
var_dump($p->isBuffering());
var_dump($p2->isBuffering());
?>
=2=
<?php
$p
->startBuffering();
var_dump($p->isBuffering());
var_dump($p2->isBuffering());
$p->stopBuffering();
?>
=3=
<?php
var_dump
($p->isBuffering());
var_dump($p2->isBuffering());
?>

上の例の出力は以下となります。

bool(false)
bool(false)
=2=
bool(true)
bool(false)
=3=
bool(false)
bool(false)

参考

  • Phar::startBuffering() - Phar の書き込み操作のバッファリングを開始するが、ディスク上の Phar オブジェクトは変更しない
  • Phar::stopBuffering() - Phar アーカイブへの書き込みリクエストのバッファリングを終了し、変更内容をディスクに書き込む

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top