SunshinePHP 2020 CFP Started

Phar::stopBuffering

(PHP 5 >= 5.3.0, PHP 7, PECL phar >= 1.0.0)

Phar::stopBufferingPhar アーカイブへの書き込みリクエストのバッファリングを終了し、変更内容をディスクに書き込む

説明

public Phar::stopBuffering ( void ) : void

Phar::stopBuffering() は、 Phar::startBuffering() メソッドと組み合わせて使用します。 Phar::startBuffering() メソッドを使用すると、 大量のファイルを含む Phar アーカイブの作成や変更が非常に高速になります。 通常は、Phar アーカイブ内のファイルが作成あるいは変更されるたびに Phar アーカイブ全体を改めて作り直します。 これによって、アーカイブが常に最新の状態となります。

しかし、単に新しい Phar アーカイブを作りたいときや アーカイブ全体を一度に書き出したいときなどは、これは不要です。 同様に、いくつかの変更を行うときに、 すべての変更がうまくいったことを確認してから実際にディスクに書き込みたい ということもあるでしょう。 これは、ちょうどデータベースのトランザクションの概念と同じようなものです。 Phar::startBuffering()/Phar::stopBuffering() の両メソッドが、このような場合のために用意されています。

Phar の書き込みバッファリングはアーカイブ単位で処理されます。 Phar アーカイブ foo.phar でバッファリングが有効であったとしても、それは Phar アーカイブ bar.phar の変更には影響しません。

返り値

値を返しません。

エラー / 例外

変更をディスクに書き出す際に何らかの問題が発生した場合は PharException がスローされます。

例1 Phar::stopBuffering() の例

<?php
$p 
= new Phar(dirname(__FILE__) . '/brandnewphar.phar'0'brandnewphar.phar');
$p['file1.txt'] = 'hi';
$p->startBuffering();
var_dump($p->getStub());
$p->setStub("<?php
function __autoload(\$class)
{
    include 'phar://brandnewphar.phar/' . str_replace('_', '/', \$class) . '.php';
}
Phar::mapPhar('brandnewphar.phar');
include 'phar://brandnewphar.phar/startup.php';
__HALT_COMPILER();"
);
$p->stopBuffering();
var_dump($p->getStub());
?>

上の例の出力は以下となります。

string(24) "<?php __HALT_COMPILER();"
string(195) "<?php
function __autoload($class)
{
    include 'phar://' . str_replace('_', '/', $class);
}
Phar::mapPhar('brandnewphar.phar');
include 'phar://brandnewphar.phar/startup.php';
__HALT_COMPILER();"

参考

  • Phar::startBuffering() - Phar の書き込み操作のバッファリングを開始するが、ディスク上の Phar オブジェクトは変更しない
  • Phar::isBuffering() - Phar の書き込み操作がバッファリングされるか、あるいは直接ディスクに書き込まれるかを調べる

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top