SunshinePHP 2020 CFP Started

Phar::offsetUnset

(PHP 5 >= 5.3.0, PHP 7, PECL phar >= 1.0.0)

Phar::offsetUnsetファイルを phar から削除する

説明

public Phar::offsetUnset ( string $offset ) : bool

注意:

このメソッドは、php.iniphar.readonly0 でないと Phar オブジェクトで動作しません。それ以外の場合は PharException がスローされます。

これは ArrayAccess インターフェイスを実装したものです。 これにより、Phar アーカイブの内容に対して配列形式の角括弧を使用したアクセスが可能となります。 offsetUnset を使用して、既存のファイルを削除します。また unset() が使用された場合にもコールされます。

パラメータ

offset

Phar 内で変更するファイル名 (相対パス)。

返り値

成功した場合に TRUE を、失敗した場合に FALSE を返します。

エラー / 例外

phar.readonly1 の場合は BadMethodCallException がスローされます。 Phar の変更ができるのは phar.readonly が 0 のときだけだからです。Phar アーカイブへの変更をディスクに書き込む際に何らかのエラーが発生すると PharException をスローします。

例1 Phar::offsetUnset() の例

<?php
$p 
= new Phar('/path/to/my.phar'0'my.phar');
try {
    
// offsetUnset がコールされ、file.txt が my.phar から削除されます
    
unset($p['file.txt']);
} catch (
Exception $e) {
    echo 
'file.txt を削除できません: '$e;
}
?>

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top