PHP 7.4.0RC4 Released!

Phar::convertToData

(PHP 5 >= 5.3.0, PHP 7, PECL phar >= 2.0.0)

Phar::convertToDataphar アーカイブを実行可能でない tar あるいは zip ファイルに変換する

説明

public Phar::convertToData ([ int $format = 9021976 [, int $compression = 9021976 [, string $extension ]]] ) : PharData

このメソッドは、実行可能な phar アーカイブを tar あるいは zip ファイルに変換します。 tar あるいは zip を実行可能ではない形式にするため、 phar スタブおよび phar エイリアスファイルはアーカイブから削除されます。

何も変更しなかった場合、もしアーカイブが phar 形式ならこのメソッドは BadMethodCallException をスローします。 tar あるいは zip 形式のアーカイブの場合は、 このメソッドはアーカイブを実行可能でない形式に変換します。

成功した場合は、このメソッドはディスク上に新しいアーカイブを作成して PharData オブジェクトを返します。 古いアーカイブは削除されずディスク上に残るので、 処理を終えたら手動で削除する必要があります。

パラメータ

format

これは Phar::TAR あるいは Phar::ZIP のいずれかとなります。 NULL を指定すると、現在のファイル形式をそのまま保持します。

compression

アーカイブ全体の圧縮を行わない場合は Phar::NONE、 zlib による圧縮の場合は Phar::GZ、そして bzip による圧縮の場合は Phar::BZ2 のいずれかを指定します。

extension

このパラメータは、変換後のアーカイブのデフォルトのファイル拡張子を変更します。 実行可能でない tar や zip アーカイブのファイル名としては .phar は使用できないことに注意しましょう。

tar 形式の phar アーカイブの場合、デフォルトの拡張子は圧縮形式によって .tar.tar.gz.tar.bz2 のいずれかとなります。 zip 形式のアーカイブの場合、デフォルトの拡張子は .zip となります。

返り値

このメソッドは、成功した場合に PharData オブジェクトを返します。失敗した場合は例外をスローします。

エラー / 例外

圧縮ができない場合や無効な圧縮方式が指定された場合、あるいは Phar::startBuffering() でバッファリングしたまま Phar::stopBuffering() を実行していないアーカイブを処理しようとした場合に BadMethodCallException をスローします。 また、phar 作成中に何らかの問題が発生した場合に PharException をスローします。

例1 Phar::convertToData() の例

Phar::convertToData() の使用法です。

<?php
try {
    
$tarphar = new Phar('myphar.phar.tar');
    
// myphar.phar.tar は削除 *されない* ことに注意しましょう
    // 実行可能ではない tar 形式に変換し
    // myphar.tar を作成します
    
$tar $tarphar->convertToData();
    
// 実行可能でない zip 形式に変換し myphar.zip を作成します
    
$zip $tarphar->convertToData(Phar::ZIP);
    
// myphar.tbz を作成します
    
$tgz $tarphar->convertToData(Phar::TARPhar::BZ2'.tbz');
    
// myphar.phar.tgz を作成します
    
$phar $tarphar->convertToData(Phar::PHAR); // 例外をスローします
} catch (Exception $e) {
    
// ここでエラー処理をします
}
?>

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top