Phar::running

(PHP 5 >= 5.3.0, PHP 7, PECL phar >= 2.0.0)

Phar::running現在実行中の Phar アーカイブのフルパスあるいは完全な phar URL を返す

説明

final public static Phar::running ([ bool $retphar = TRUE ] ) : string

実行中の phar アーカイブのフルパスを返します。これはマジック定数 __FILE__ のような使い方を想定したもので、 実行中の phar アーカイブの内部でのみ有効です。

アーカイブ内のスタブでは、Phar::running()"" を返します。現在実行中の phar にスタブ内からアクセスするには、 単純に __FILE__ を使用します。

パラメータ

retphar

FALSE の場合は phar アーカイブのディスク上でのフルパスを返します。 TRUE の場合は完全な phar URL を返します。

返り値

ファイル名が正しい形式の場合にファイル名、それ以外の場合に空文字列を返します。

例1 Phar::running() の例

次の例では、phar アーカイブが /path/to/phar/my.phar にあるものとします。

<?php
$a 
Phar::running(); // $a は "phar:///path/to/my.phar"
$b Phar::running(false); // $b は "/path/to/my.phar"
?>

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top