PHP 8.1.0 RC 4 available for testing

Phar::addFromString

(PHP 5 >= 5.3.0, PHP 7, PHP 8, PECL phar >= 2.0.0)

Phar::addFromString文字列から、ファイルを phar アーカイブに追加する

説明

public Phar::addFromString(string $localName, string $contents): void

注意:

このメソッドは、php.iniphar.readonly0 でないと Phar オブジェクトで動作しません。それ以外の場合は PharException がスローされます。

このメソッドを使用すると、任意の文字列を phar アーカイブに追加することができます。 アーカイブ内のファイル名は localname で指定したものとなります。 このメソッドは ZipArchive::addFromString() と同じようなものです。

パラメータ

localName

ファイルをアーカイブ内に格納するときのパス。

contents

ファイルに保存する内容。

返り値

戻り値はありません。失敗時には例外をスローします。

例1 Phar::addFromString() の例

<?php
try {
    
$a = new Phar('/path/to/phar.phar');

    
$a->addFromString('path/to/file.txt''my simple file');
    
$b $a['path/to/file.txt']->getContent();

    
// 大きなファイル用にストリームハンドルから追加するには offsetSet() を使用します
    
$c fopen('/path/to/hugefile.bin');
    
$a['largefile.bin'] = $c;
    
fclose($c);
} catch (
Exception $e) {
    
// ここでエラー処理をします
}
?>

注意

注意: Phar::addFile(), Phar::addFromString(), Phar::offsetSet() は、呼び出されるたびに新しいPharアーカイブを生成します。パフォーマンスを気にするなら、代わりに Phar::buildFromDirectory()Phar::buildFromIterator() を使うべきです。

参考

  • Phar::offsetSet() - 内部ファイルに、外部ファイルの内容を設定する
  • PharData::addFromString() - ファイルシステム上のファイルを tar/zip アーカイブに追加する
  • Phar::addFile() - ファイルシステム上のファイルを phar アーカイブに追加する
  • Phar::addEmptyDir() - 空のディレクトリを phar アーカイブに追加する

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top