PHP 8.1.0 Alpha 1 available for testing

Yaf_Request_Http クラス

(Yaf >=1.0.0)

はじめに

クライアントからのあらゆるリクエストは、 Yaf_Request_Http として初期化されます。 URI のクエリ文字列や POST パラメータなどの情報は、このクラスのメソッド経由で取得できます。

注意:

セキュリティの観点から、Yaf では $_GET/$_POST が読み込み専用となっています。つまり、 これらのグローバル変数の値を書き換えたとしても、 Yaf_Request_Http::getQuery()Yaf_Request_Http::getPost() からはそれを取得できないということです。

しかし、ユニットテストの際などに、どうしても書き換えが必要になることもあります。 Yaf のビルド時に --enable-yaf-debug を指定すると、ユーザーがスクリプトで設定した値も Yaf で読み込めるようになります。

その際に、Yaf は E_STRICT レベルの警告 「Strict Standards: you are running yaf in debug mode」を発します。

クラス概要

Yaf_Request_Http extends Yaf_Request_Abstract {
/* プロパティ */
/* メソッド */
public __construct(string $request_uri = ?, string $base_uri = ?)
public get(string $name, string $default = ?): mixed
public getCookie(string $name, string $default = ?): mixed
public getFiles(): void
public getPost(string $name, string $default = ?): mixed
public getQuery(string $name, string $default = ?): mixed
public getRaw(): mixed
public getRequest(): void
public isXmlHttpRequest(): bool
/* 継承したメソッド */
public Yaf_Request_Abstract::getEnv(string $name, string $default = ?): void
public Yaf_Request_Abstract::getParam(string $name, string $default = ?): mixed
public Yaf_Request_Abstract::getServer(string $name, string $default = ?): void
public Yaf_Request_Abstract::setActionName(string $action, bool $format_name = true): void
public Yaf_Request_Abstract::setBaseUri(string $uir): bool
public Yaf_Request_Abstract::setControllerName(string $controller, bool $format_name = true): void
public Yaf_Request_Abstract::setModuleName(string $module, bool $format_name = true): void
public Yaf_Request_Abstract::setParam(string $name, string $value = ?): bool
public Yaf_Request_Abstract::setRequestUri(string $uir): void
public Yaf_Request_Abstract::setRouted(string $flag = ?): void
}

プロパティ

module

controller

action

method

params

language

_exception

_base_uri

uri

dispatched

routed

目次

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top