eio_custom

(PECL eio >= 0.0.1dev)

eio_customeio_* のようなカスタムリクエストを実行する

説明

eio_custom ( callable $execute , int $pri , callable $callback [, mixed $data = NULL ] ) : resource

eio_custom() は、 execute で指定したカスタム関数を実行し、 その他の eio_* と同じように処理します。

パラメータ

execute

次のプロトタイプに沿ったリクエスト関数を指定します。

      mixed execute(mixed data);
      
callback はイベント完了後のコールバックで、次のプロトタイプに従う必要があります。
      void callback(mixed data, mixed result);
      
data は、 executedata 引数経由で渡すデータです。 execute が返す result の値に手を加えません。

pri

リクエストの優先順位。EIO_PRI_DEFAULTEIO_PRI_MINEIO_PRI_MAX あるいは NULL を指定します。 NULL を渡した場合、pri は内部的に EIO_PRI_DEFAULT となります。

callback

callback 関数が、リクエスト終了時にコールされます。 この関数のプロトタイプは、

void callback(mixed $data, int $result[, resource $req]);
に一致しなければなりません。
data

は、リクエストに渡すカスタムデータです。

result

にはリクエスト固有の結果が格納されます。基本的には、対応するシステムコールが返すそのままの値となります。

req

はオプションで指定するリクエストリソースです。 eio_get_last_error() のような関数で使えます。

data

callback に渡す任意の引数。

返り値

eio_custom() は、成功した場合にリクエストリソースを返します。エラー時に FALSE を返します。

例1 eio_custom() の例

<?php
/* カスタムコールバック用のコールバック */
function my_custom_callback($data$result) {
    
var_dump($data);
    
var_dump(count($result));
    
var_dump($result['data_modified']);
    
var_dump($result['result']);
}

/* カスタムリクエスト */
function my_custom($data) {
    
var_dump($data);

    
$result  = array(
        
'result'        => 1001,
        
'data_modified' => "my custom data",
    );

    return 
$result;
}

$data "my_custom_data";
$req eio_custom("my_custom"EIO_PRI_DEFAULT"my_custom_callback"$data);
var_dump($req);
eio_event_loop();
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

resource(4) of type (EIO Request Descriptor)
string(14) "my_custom_data"
string(14) "my_custom_data"
int(2)
string(14) "my custom data"
int(1001)
 
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top