eio_sync_file_range

(PECL eio >= 0.0.1dev)

eio_sync_file_rangeファイルセグメントをディスクに同期する

説明

eio_sync_file_range ( mixed $fd , int $offset , int $nbytes , int $flags [, int $pri = EIO_PRI_DEFAULT [, callable $callback = NULL [, mixed $data = NULL ]]] ) : resource

eio_sync_file_range() は、ファイルディスクリプタ fd が指すオープン中のファイルをディスクに同期します。

パラメータ

fd

ファイルディスクリプタ。

offset

同期を開始する位置をバイト単位で指定する。

nbytes

同期させる範囲の長さをバイト単位で指定する。 nbytes がゼロの場合は、offset からファイルの末尾までのすべての範囲を同期します。

flags

ビットマスク。以下のいずれかの値を含めます。 EIO_SYNC_FILE_RANGE_WAIT_BEFORE, EIO_SYNC_FILE_RANGE_WRITE, EIO_SYNC_FILE_RANGE_WAIT_AFTER. これらのフラグは、それぞれ対応する SYNC_FILE_RANGE_* と同じ意味です (SYNC_FILE_RANGE(2) の man ページを参照ください)。

pri

リクエストの優先順位。EIO_PRI_DEFAULTEIO_PRI_MINEIO_PRI_MAX あるいは NULL を指定します。 NULL を渡した場合、pri は内部的に EIO_PRI_DEFAULT となります。

callback

callback 関数が、リクエスト終了時にコールされます。 この関数のプロトタイプは、

void callback(mixed $data, int $result[, resource $req]);
に一致しなければなりません。
data

は、リクエストに渡すカスタムデータです。

result

にはリクエスト固有の結果が格納されます。基本的には、対応するシステムコールが返すそのままの値となります。

req

はオプションで指定するリクエストリソースです。 eio_get_last_error() のような関数で使えます。

data

callback に渡す任意の引数。

返り値

eio_sync_file_range() は、成功した場合にリクエストリソースを返します。エラー時に FALSE を返します。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top