PHPWales 2020 - June 3rd to June 4th

eio_readdir

(PECL eio >= 0.0.1dev)

eio_readdirディレクトリ全体を読み込む

説明

eio_readdir ( string $path , int $flags , int $pri , callable $callback [, string $data = NULL ] ) : resource

ディレクトリ全体を (opendirreaddirclosedir といったシステムコールを使って) 読み込み、 ファイル名あるいは配列 (flags で指定する) を callback 関数の result 引数で返します。

パラメータ

path

ディレクトリのパス。

flags

EIO_READDIR_* 定数の組み合わせ。

pri

リクエストの優先順位。EIO_PRI_DEFAULTEIO_PRI_MINEIO_PRI_MAX あるいは NULL を指定します。 NULL を渡した場合、pri は内部的に EIO_PRI_DEFAULT となります。

callback

callback 関数が、リクエスト終了時にコールされます。 この関数のプロトタイプは、

void callback(mixed $data, int $result[, resource $req]);
に一致しなければなりません。
data

は、リクエストに渡すカスタムデータです。

result

にはリクエスト固有の結果が格納されます。基本的には、対応するシステムコールが返すそのままの値となります。

req

はオプションで指定するリクエストリソースです。 eio_get_last_error() のような関数で使えます。

data

callback に渡す任意の引数。

返り値

eio_readdir() は、成功した場合にリクエストリソースを返します。エラー時に FALSE を返します。 callback 関数の result に設定される内容は flags によって変わります。

EIO_READDIR_DENTS (integer)
eio_readdir() のフラグ。指定すると、コールバックの result 引数が次のキーを持つ配列になります。 'names' - ディレクトリ名の配列/ 'dents' - struct eio_dirent 風の配列で、 それぞれがさらに以下のキーを持ちます ( 'name' - ディレクトリ名/ 'type' - EIO_DT_* 定数のいずれか/ 'inode' - inode 番号。存在しない場合は不定 )
EIO_READDIR_DIRS_FIRST (integer)
このフラグを指定すると、ディレクトリをまず最初に返して stat に最適化した順に返します。
EIO_READDIR_STAT_ORDER (integer)
このフラグを指定すると、名前を返すときの順序が 各ファイルを stat するのに適した順となります。 指定したディレクトリにあるすべてのファイルを stat() するつもりなら、この順にしておけば最速になります。
EIO_READDIR_FOUND_UNKNOWN (integer)

ノード型

EIO_DT_UNKNOWN (integer)
不明なノード型 (ありがち)。さらに stat() が必要です。
EIO_DT_FIFO (integer)
FIFO ノード型
EIO_DT_CHR (integer)
ノード型
EIO_DT_MPC (integer)
多重化キャラクタデバイス (v7+coherent) ノード型
EIO_DT_DIR (integer)
ディレクトリノード型
EIO_DT_NAM (integer)
Xenix 名前付きファイルノード型
EIO_DT_BLK (integer)
ノード型
EIO_DT_MPB (integer)
多重化ブロックデバイス (v7+coherent)
EIO_DT_REG (integer)
ノード型
EIO_DT_NWK (integer)
EIO_DT_CMP (integer)
HP-UX ネットワークノード型
EIO_DT_LNK (integer)
リンクノード型
EIO_DT_SOCK (integer)
ソケットノード型
EIO_DT_DOOR (integer)
Solaris door ノード型
EIO_DT_WHT (integer)
ノード型
EIO_DT_MAX (integer)
ノード型の最大値

例1 eio_readdir() の例

<?php
/* eio_readdir() が終わったら呼ばれます */
function my_readdir_callback($data$result) {
    echo 
__FUNCTION__" called\n";
    echo 
"data: "var_dump($data);
    echo 
"result: "var_dump($result);
    echo 
"\n";
}

eio_readdir("/var/spool/news"EIO_READDIR_STAT_ORDER EIO_READDIR_DIRS_FIRST,
  
EIO_PRI_DEFAULT"my_readdir_callback");
eio_event_loop();
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

my_readdir_callback called
data: NULL
result: array(2) {
 ["names"]=>
  array(7) {
   [0]=>
    string(7) "archive"
    [1]=>
    string(8) "articles"
    [2]=>
    string(8) "incoming"
    [3]=>
    string(7) "innfeed"
    [4]=>
    string(8) "outgoing"
    [5]=>
    string(8) "overview"
    [6]=>
    string(3) "tmp"
  }
 ["dents"]=>
  array(7) {
   [0]=>
    array(3)
    {
     ["name"]=>
      string(7)
      "archive"
      ["type"]=>
      int(4)
      ["inode"]=>
      int(393265)
    }
   [1]=>
    array(3)
    {
     ["name"]=>
      string(8)
      "articles"
      ["type"]=>
      int(4)
      ["inode"]=>
      int(393266)
    }
   [2]=>
    array(3)
    {
     ["name"]=>
      string(8)
      "incoming"
      ["type"]=>
      int(4)
      ["inode"]=>
      int(393267)
    }
   [3]=>
    array(3)
    {
     ["name"]=>
      string(7)
      "innfeed"
      ["type"]=>
      int(4)
      ["inode"]=>
      int(393269)
    }
   [4]=>
    array(3)
    {
     ["name"]=>
      string(8)
      "outgoing"
      ["type"]=>
      int(4)
      ["inode"]=>
      int(393270)
    }
   [5]=>
    array(3)
    {
     ["name"]=>
      string(8)
      "overview"
      ["type"]=>
      int(4)
      ["inode"]=>
      int(393271)
    }
   [6]=>
    array(3)
    {
     ["name"]=>
      string(3)
      "tmp"
      ["type"]=>
      int(4)
      ["inode"]=>
      int(393272)
    }
  }
}
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top