date_parse_from_format

(PHP 5 >= 5.3.0, PHP 7, PHP 8)

date_parse_from_format指定した書式でフォーマットされた日付についての情報を取得する

説明

date_parse_from_format(string $format, string $datetime): array

指定した日付/時刻についての詳細情報を連想配列で返します。

パラメータ

format

format の使い方に関するドキュメントは、 DateTimeImmutable::createFromFormat() のそれを参照ください。同じルールが適用されます。

datetime

日付/時刻をあらわす文字列。

戻り値

指定した日付/時刻についての詳細情報を連想配列で返します。

返される配列は、 year, month, day, hour, minute, second, fraction, is_localtime というキーを持ちます。

is_localtime が存在する場合、 zone_type がタイムゾーンのタイプを示します。 タイプ 1 (UTC オフセット) の場合、 zoneis_dst フィールドが追加されます。 タイプ 2 (省略形) の場合、 tz_abbris_dst フィールドが追加されます。 タイプ 3 (タイムゾーン識別子) の場合、 tz_abbr, tz_id が追加されます。

warning_countwarnings が配列に含まれます。 最初のフィールドは、警告が何個発生したかを示します。 warnings 配列は、 警告を説明する文字列と一緒に、指定された datetime のどの場所で警告が発生したかの位置を示します。 下記の例で、警告の例を示します。

error_count, errors フィールドも配列に含まれます。 最初のフィールドは、エラーが何個発生したかを示します。 errors 配列のキーは、 警告を説明する文字列と一緒に、指定された datetime のどの場所でエラーが発生したかの位置を示します。 下記の例で、エラーの例を示します。

警告

warningserrors に含まれる配列の要素数は、 同じ箇所でエラーや警告が発生した場合、 warning_counterror_count よりも少なくなる可能性があります。

変更履歴

バージョン 説明
7.2.0 返される配列の zone 要素が、 分ではなく秒を表すようになり、 符号が逆になりました。 たとえば、 -1207200 を表すようになります。

例1 date_parse_from_format() の例

<?php
$date 
"6.1.2009 13:00+01:00";
print_r(date_parse_from_format("j.n.Y H:iP"$date));
?>

上の例の出力は以下となります。

Array
(
    [year] => 2009
    [month] => 1
    [day] => 6
    [hour] => 13
    [minute] => 0
    [second] => 0
    [fraction] =>
    [warning_count] => 0
    [warnings] => Array
        (
        )

    [error_count] => 0
    [errors] => Array
        (
        )

    [is_localtime] => 1
    [zone_type] => 1
    [zone] => 3600
    [is_dst] =>
)

例2 date_parse_from_format() の結果に警告が含まれる例

<?php
$date 
"26 August 2022 22:30 pm";
$parsed date_parse_from_format("j F Y G:i a"$date);

echo 
"Warnings count: "$parsed['warning_count'], "\n";
foreach (
$parsed['warnings'] as $position => $message) {
    echo 
"\tOn position {$position}{$message}\n";
}
?>

上の例の出力は以下となります。

Warnings count: 1
	On position 23: The parsed time was invalid

例3 date_parse_from_format() の結果にエラーが含まれる例

<?php
$date 
"26 August 2022 CEST";
$parsed date_parse_from_format("j F Y H:i"$date);

echo 
"Errors count: "$parsed['error_count'], "\n";
foreach (
$parsed['errors'] as $position => $message) {
    echo 
"\tOn position {$position}{$message}\n";
}
?>

上の例の出力は以下となります。

Errors count: 3
	On position 15: A two digit hour could not be found
	On position 19: Data missing

参考

add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top