Longhorn PHP 2023 - Call for Papers

imagecolorallocatealpha

(PHP 4 >= 4.3.2, PHP 5, PHP 7, PHP 8)

imagecolorallocatealpha画像で使用する色を透過度を指定して作成する

説明

imagecolorallocatealpha(
    GdImage $image,
    int $red,
    int $green,
    int $blue,
    int $alpha
): int|false

imagecolorallocatealpha() は、 透明度を指定するパラメータ alpha が追加されている以外は imagecolorallocate() と等価です。

パラメータ

image

imagecreatetruecolor()のような画像作成関数が返す GdImage オブジェクト。

red

赤コンポーネントの値。

green

緑コンポーネントの値。

blue

青コンポーネントの値。

alpha

0 から 127 までの値。 0 は完全に不透明な状態。 127 は完全に透明な状態を表します。

パラメータ redgreen および blue には、 0 から 255 までの整数値か 0x00 から 0xFF までの十六進値を指定します。

戻り値

色 ID、あるいは作成に失敗した場合に false を返します。

警告

この関数は論理値 false を返す可能性がありますが、false として評価される値を返す可能性もあります。 詳細については 論理値の セクションを参照してください。この関数の返り値を調べるには ===演算子 を 使用してください。

変更履歴

バージョン 説明
8.0.0 image は、 GdImage クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、有効な gd resource が期待されていました。

例1 imagecolorallocatealpha() の使用例

<?php
$size
= 300;
$image=imagecreatetruecolor($size, $size);

// 白い背景で黒いふちどりにします
$back = imagecolorallocate($image, 255, 255, 255);
$border = imagecolorallocate($image, 0, 0, 0);
imagefilledrectangle($image, 0, 0, $size - 1, $size - 1, $back);
imagerectangle($image, 0, 0, $size - 1, $size - 1, $border);

$yellow_x = 100;
$yellow_y = 75;
$red_x = 120;
$red_y = 165;
$blue_x = 187;
$blue_y = 125;
$radius = 150;

// alpha 値を指定して色を作成します
$yellow = imagecolorallocatealpha($image, 255, 255, 0, 75);
$red = imagecolorallocatealpha($image, 255, 0, 0, 75);
$blue = imagecolorallocatealpha($image, 0, 0, 255, 75);

// 3つの重なる円を描きます
imagefilledellipse($image, $yellow_x, $yellow_y, $radius, $radius, $yellow);
imagefilledellipse($image, $red_x, $red_y, $radius, $radius, $red);
imagefilledellipse($image, $blue_x, $blue_y, $radius, $radius, $blue);

// 正しいヘッダを出力するのを忘れないように!
header('Content-Type: image/png');

// 最後に、結果を出力します
imagepng($image);
imagedestroy($image);
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

出力例 : imagecolorallocatealpha 関数の使用例

例2 imagecolorallocatealpha() 関数を使い、典型的なアルファ値を変換する

アルファの値を 0 にすると、通常は完全に透過なピクセルが指定されますし、 アルファチャネルは 8bit です。このようなアルファ値を imagecolorallocatealpha() 関数と互換性がある値に変換するには、 いくつか簡単な計算をすれば十分です:

<?php
$alpha8
= 0; // 完全に透過
var_dump(127 - ($alpha8 >> 1));
$alpha8 = 255; // 完全に不透明
var_dump(127 - ($alpha8 >> 1));
?>

上の例の出力は以下となります。

int(127)
int(0)

参考

add a note

User Contributed Notes 3 notes

up
6
eric (at) junioronline.us
17 years ago
If you only wish to extract the alpha value for a color, you can simply extract it like so:

<?php

    $color
= imagecolorat($im, 50, 50);
   
$alpha = $color >> 24;

?>

It actually shifts off the first 24 bits (where 8x3 are used for each color), and returns the remaining 7 allocated bits (commonly used for alpha)
up
3
Brett G
7 years ago
When working with transparency, avoid imagecreate() and use imagecreatetruecolor() instead. Transparency effects may not work as expected within a palette-based image.
up
3
fjoggen at gmail dot com
15 years ago
If you need to calculate the integer representation of a color with an alpha channel, without initialising an image and using the imagecolorallocatealpha function. Then this function might be of some help:

<?php
function alphaColor($hexColor,$alpha)
{
        return
bindec(decbin($alpha).decbin(hexdec($hexColor));
}

echo
alphaColor("FFFFFF",127);
?>
To Top