DateTime クラス

(PHP 5 >= 5.2.0, PHP 7, PHP 8)

はじめに

日付と時刻を表現するクラスです。

このクラスは、 DateTimeImmutable と同じ振る舞いをします。 但し、DateTime::modify() のような、 オブジェクトそのものを変更するメソッドが呼び出された時を除きます。

警告

DateTime クラスのメソッドをコールすると、 そのインスタンスにカプセル化された情報が変更されます。 そうした変更を防ぎたい場合には、新しいオブジェクトを作るために clone 演算子を使わなければいけません。 オブジェクトの変更を防ぐ、望ましい挙動をデフォルトで実現するには、 DateTime ではなく、 DateTimeImmutable を使います。

クラス概要

class DateTime implements DateTimeInterface {
/* 継承した定数 */
const string DateTimeInterface::ATOM = "Y-m-d\TH:i:sP";
const string DateTimeInterface::COOKIE = "l, d-M-Y H:i:s T";
const string DateTimeInterface::ISO8601 = "Y-m-d\TH:i:sO";
const string DateTimeInterface::ISO8601_EXPANDED = "X-m-d\TH:i:sP";
const string DateTimeInterface::RFC822 = "D, d M y H:i:s O";
const string DateTimeInterface::RFC850 = "l, d-M-y H:i:s T";
const string DateTimeInterface::RFC1036 = "D, d M y H:i:s O";
const string DateTimeInterface::RFC1123 = "D, d M Y H:i:s O";
const string DateTimeInterface::RFC7231 = "D, d M Y H:i:s \G\M\T";
const string DateTimeInterface::RFC2822 = "D, d M Y H:i:s O";
const string DateTimeInterface::RFC3339 = "Y-m-d\TH:i:sP";
const string DateTimeInterface::RFC3339_EXTENDED = "Y-m-d\TH:i:s.vP";
const string DateTimeInterface::RSS = "D, d M Y H:i:s O";
const string DateTimeInterface::W3C = "Y-m-d\TH:i:sP";
/* メソッド */
public __construct(string $datetime = "now", ?DateTimeZone $timezone = null)
public add(DateInterval $interval): DateTime
public static createFromFormat(string $format, string $datetime, ?DateTimeZone $timezone = null): DateTime|false
public static getLastErrors(): array|false
public modify(string $modifier): DateTime|false
public static __set_state(array $array): DateTime
public setDate(int $year, int $month, int $day): DateTime
public setISODate(int $year, int $week, int $dayOfWeek = 1): DateTime
public setTime(
    int $hour,
    int $minute,
    int $second = 0,
    int $microsecond = 0
): DateTime
public setTimestamp(int $timestamp): DateTime
public setTimezone(DateTimeZone $timezone): DateTime
public sub(DateInterval $interval): DateTime
public diff(DateTimeInterface $targetObject, bool $absolute = false): DateInterval
public format(string $format): string
public getOffset(): int
public getTimestamp(): int
public getTimezone(): DateTimeZone|false
public __wakeup(): void
}

変更履歴

バージョン 説明
7.2.0 DateTime クラスの定数は、 DateTimeInterface で定義されるようになりました。
7.1.0 DateTime のコンストラクタで構築される値に、 現在時刻のマイクロ秒が含まれるようになりました。 これより前のバージョンでは、このマイクロ秒の情報は常に 0 で初期化されていました。

目次

add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top