PHP workshop for 2 days with Shopware, Sylius, PHPUnit and Codeception in Duisburg

pg_lo_export

(PHP 4 >= 4.2.0, PHP 5, PHP 7, PHP 8)

pg_lo_exportラージオブジェクトをファイルにエクスポートする

説明

pg_lo_export(PgSql\Connection $connection = ?, int $oid, string $pathname): bool

pg_lo_export() は PostgreSQL データベースから ラージオブジェクトを取得し、その内容をローカルファイルシステム上の ファイルに保存します。

ラージオブジェクトインターフェイスは、トランザクションブロックの中で 使用する必要があります。

注意:

この関数は、以前は pg_loexport() と呼ばれていました。

パラメータ

connection

PgSql\Connection クラスのインスタンス。 connection が指定されない場合は、デフォルトの接続を使います。 デフォルトの接続とは、pg_connect() または pg_pconnect() によって確立された直近の接続です。

oid

データベース内のラージオブジェクトの OID

pathname

ラージオブジェクトをクライアントのファイルシステムに書き込む際の フルパスとファイル名。

返り値

成功した場合に true を、失敗した場合に false を返します。

変更履歴

バージョン 説明
8.1.0 connection は、PgSql\Connection クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソース を期待していました。

例1 pg_lo_export() の例

<?php
   $database 
pg_connect("dbname=jacarta");
   
pg_query($database"begin");
   
$oid pg_lo_create($database);
   
$handle pg_lo_open($database$oid"w");
   
pg_lo_write($handle"large object data");
   
pg_lo_close($handle);
   
pg_lo_export($database$oid'/tmp/lob.dat');
   
pg_query($database"commit");
?>

参考

  • pg_lo_import() - ファイルからラージオブジェクトをインポートする

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top