PHP 8.1.28 Released!

IntlChar::charDirection

(PHP 7, PHP 8)

IntlChar::charDirectionコードポイントの双方向カテゴリの値を取得する

説明

public static IntlChar::charDirection(int|string $codepoint): ?int

» Unicode bidirectional algorithm (UAX #9) で使われる、コードポイントの双方向カテゴリの値を返します。

注意:

コードポイントが割り当てられていない値にも、 R や AL の双方向カテゴリを持つものがあります。 これは、右から左に書く言葉で予約されているブロックに含まれているからです。

パラメータ

codepoint

コードポイントを表す int 型の値 (例: U+2603 SNOWMAN を表す 0x2603)、あるいは UTF-8 文字列としてエンコードされた文字 (例: "\u{2603}")。

例1 さまざまなコードポイントの例

<?php
var_dump
(IntlChar::charDirection("A") === IntlChar::CHAR_DIRECTION_LEFT_TO_RIGHT);
var_dump(IntlChar::charDirection("\u{05E9}") === IntlChar::CHAR_DIRECTION_RIGHT_TO_LEFT);
var_dump(IntlChar::charDirection("+") === IntlChar::CHAR_DIRECTION_EUROPEAN_NUMBER_SEPARATOR);
var_dump(IntlChar::charDirection(".") === IntlChar::CHAR_DIRECTION_COMMON_NUMBER_SEPARATOR);
?>

上の例の出力は以下となります。

bool(true)
bool(true)
bool(true)
bool(true)
add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top