IntlChar::forDigit

(PHP 7, PHP 8)

IntlChar::forDigit指定された整数と基数を表す文字を取得する

説明

public static IntlChar::forDigit(int $digit, int $radix = 10): int

指定された整数値と基数を表現する文字を判定します。

基数の値が正しくない場合、 または指定された基数に対して整数値が無効な場合、 null 文字 (U+0000) を返します。

基数は 2 以上 36 以下の場合に有効です。 整数値は、0 <= digit < radix の場合に有効です。

整数値が 10 より小さい場合、 '0' (ASCII の文字「0」) + 指定された整数値の値を返します。 そうでない場合、'a' + 指定された整数値 - 10 の値を返します。

パラメータ

digit

文字に変換する整数値。

radix

基数 (デフォルトは 10)

戻り値

指定された整数値と基数を表す、 文字を文字列として返します。

例1 さまざまなコードポイントの例

<?php
var_dump
(IntlChar::forDigit(0));
var_dump(IntlChar::forDigit(3));
var_dump(IntlChar::forDigit(310));
var_dump(IntlChar::forDigit(10));
var_dump(IntlChar::forDigit(1016));
?>

上の例の出力は以下となります。

int(48)
int(51)
int(51)
int(0)
int(97)

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top