PHP 8.1.0 Released!

IntlChar::chr

(PHP 7, PHP 8)

IntlChar::chrコードポイント値に対応する、Unicode 文字を返す

説明

public static IntlChar::chr(mixed $codepoint): string

指定された Unicode のコードポイント値に対応する、 一文字を含んだ文字列を返します。

この関数は、 IntlChar::ord() を補完するものです。

パラメータ

codepoint

コードポイントを表す int 型の値 (例: U+2603 SNOWMAN を表す 0x2603)、あるいは UTF-8 文字列としてエンコードされた文字 (例: "\u{2603}")。

戻り値

指定された Unicode のコードポイント値に対応する、 一文字を含んだ文字列を返します。

例1 さまざまなコードポイントの例

<?php
$values 
= ["A"631239731];
foreach (
$values as $value) {
    
var_dump(IntlChar::chr($value));
}
?>

上の例の出力は以下となります。

string(1) "A"
string(1) "?"
string(1) "{"
string(3) "☃"

参考

  • IntlChar::ord() - 文字に対応する Unicode コードポイントを返す
  • mb_chr() - Unicode のコードポイントに対応する文字を返す
  • chr() - 数値から、1バイトの文字列を生成する

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top