PHP 8.0.15 Released!

IntlChar::getBidiPairedBracket

(PHP 7, PHP 8)

IntlChar::getBidiPairedBracketコードポイントと対になる括弧文字を取得する

説明

public static IntlChar::getBidiPairedBracket(mixed $codepoint): mixed

指定された文字を、それと対になる括弧文字にマップします。

Bidi_Paired_Bracket_Type!=None の場合、 これは IntlChar::charMirror() と同等です。 そうでない場合、codepoint そのものを返します。

パラメータ

codepoint

コードポイントを表す int 型の値 (例: U+2603 SNOWMAN を表す 0x2603)、あるいは UTF-8 文字列としてエンコードされた文字 (例: "\u{2603}")。

戻り値

対になる括弧にあたるコードポイントを返します。 そのような文字がない場合は、 codepoint そのものを返します。

戻り値の型は int になります。ただし、コードポイントを UTF-8 文字列で渡した場合は別で、その場合の返り値の型は文字列になります。

例1 さまざまなコードポイントの例

<?php
var_dump
(IntlChar::getBidiPairedBracket(91));
var_dump(IntlChar::getBidiPairedBracket('['));
?>

上の例の出力は以下となります。

int(93)
string(1) "]"

参考

  • IntlChar::charMirror() - コードポイントの "鏡文字" を取得する
  • IntlChar::PROPERTY_BIDI_PAIRED_BRACKET
  • IntlChar::PROPERTY_BIDI_PAIRED_BRACKET_TYPE

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top